音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Jess Rodenの1980年作『Stonechaser』。
Jess Roden / Stonechaser
Jess Rodenは、イングランド出身のロック・シンガー。
Robert Palmer、Frankie Millerと並んで、英国の3大ブルー・アイド・ソウル・シンガーと呼ばれることもあるようだ。

1960年代中盤からキャリアをスタートし、The Alan Bown Set(1966-1969)、Bronco(1970-1971)、The Butts Band(1973)、Jess Roden Band(1975-1977)と複数のバンドで経験を積みつつ、並行してソロ・アルバムも出している。

ソロ・アルバムは1974年と77年に1枚ずつ残しており、本作が3枚目。
ソロ活動の最高作と言って間違いのない、高いクオリティを持ったアルバムである。

アルバムの前半と後半で、プロデューサーが異なる。
Leon Pendarvisがプロデュースした前半は、極上のメロウ・チューンが並ぶ。
名盤は数多しと言えど、このアルバムの前半ほど、芳醇なメロウネスが香るアルバムは少ない。

「Brand New Start」のみJess Roden作で、それ以外の曲を外部のソングライターが提供。
1曲目の「Prime Time Love」から、穏やかさの裏に熱いエモーションを秘めたJess Rodenの歌唱に引き込まれる。
この曲は、Carpentersが1983年のアルバム『Voice of the Heart』でカヴァーした。

「Brand New Start」と「Believe in Me」も同じ路線のメロウ・ナンバー。
特にJess Rodenが書いた「Brand New Start」は感動的なバラード。
美しいメロディと、ロマンティックな歌声に深く魅了される。

Joel Dornがプロデュースした後半は、前半のメロウネスはそのままに、曲ごとにジャズ、ソウル、ポップス、レゲエと、味付けを変えている。
FreeのベーシストであるAndy Fraserが「Loving You」を提供し、残りをJess Roden BandのメンバーであるJohn Cartwright(b)が提供した。
どの曲もしなやかなグルーヴを持っており、レゲエ調の「One World, One People」も、コクのあるミディアム・チューンに仕上がっている。

ソロ・デビュー前のLuther Vandrossもバック・ヴォーカルで参加しており、引き出しの多いアルバムだ。

●収録曲
1. Prime Time Love - 3:33
2. Deeper in Love - 2:58
3. Brand New Start - 4:44
4. Believe in Me - 4:38
5. Bird of Harlem - 5:31
6. If Ever You Should Change Your Mind - 3:26
7. Loving You - 3:33
8. One World, One People - 5:38


◆プロデュース: Leon Pendarvis(ar, k, per), Joel Dorn

◆参加ミュージシャン: Rob Mounsey(ar, k), John Cartwright(g, b), Jeff Mironov/Jeff Layton(g), George T. Clinton(k), Neil Jason/Anthony Jackson/Rick Chudacoff(b), Chris Parker/Peter Bunetta(ds), Arno Lucas/Erroll 'Crusher' Bennett(per), Jaki Whitren/Luther Vandross(bv), etc.

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/09/04 16:36 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/270-838bfdc1
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Rock名盤(1977年) - Phoebe Snow / Never Letting Go (薔薇の香り) 2017/07/21
Rock名盤(1980年) - Billy Joel / Glass Houses (グラス・ハウス) 2017/07/19
Soul/R&B名盤(1976年) - The Sons of Champlin / A Circle Filled With Love 2017/07/14
Soul/R&B名盤(1985年) - Sade / Promise 2017/07/12
Rock名盤(1978年) - Billy Joel / 52nd Street (ニューヨーク52番街) 2017/07/10
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター