音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Boz Scaggsの最新作、『A Fool To Care』の紹介です。
今年の3月に発売されたアルバムです。

Boz Scaggsのデビューは1965年。
AORの代表アーティストという印象がありますが、デビュー後しばらくは、Steve Miller Bandでの活動やソロ活動を通じて、リズム&ブルースを基調とする音楽を追求していました。

このアルバムもブルース色を全面に出したアルバム。
※ボーナス・トラックの「M.P.B.」のみ、コンテンポラリーなAOR。

Steve Jordan(ds)、Ray Parker, Jr.(g)、Willie Weeks(b)、Jim Cox(p)等の抑えた演奏をバックに、Bozがゆったり、くつろいで歌います。

「Rich Woman」、「There's A Storm A Comin'」、「Love Don't Love Nobody」など、本当にクールです。

オリジナル曲は「Hell To Pay」のみ。
この曲では、Bonnie Raittとデュエットしています。

「Whispering Pines」では、Lucinda Williamsとデュエット。
ドライに枯れた、渋いブルースです。

優しいメロディの「I'm So Proud」は、Curtis Mayfield作の有名曲。
ボーナス・トラックの「Gypsy Woman」も、Curtis Mayfield作です。

アップ・テンポの明るいグルーヴが紅一点の「Full Of Fire」は、Al Green作。

クールで渋い、大人のアルバムです。

●収録曲
1. Rich Woman
2. I'm A Fool To Care
3. Hell To Pay [feat. Bonnie Raitt]
4. Small Town Talk
5. Last Tango On 16th Street
6. There's A Storm A Comin'
7. I'm So Proud
8. I Want To See You
9. High Blood Pressure
10. Full Of Fire
11. Love Don't Love Nobody
12. Whispering Pines [feat. Lucinda Williams]
13. Gypsy Woman (Bonus Tracks)
14. Talk To Me, Talk To Me (Bonus Tracks)
15. M.P.B. (Bonus Tracks)


▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2015/10/25 17:31 Soul / R&B(90年代以降) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/272-426007a8
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Peter Allen / Not The Boy Next Door 2017/08/22
Rock名盤(1980年) - Paul Simon / One Trick Pony 2017/08/20
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター