音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Luther Vandrossの1981年作『Never Too Much』の紹介です。

Luther Vandrossのソロ・デビュー作。
ブラック・コンテンポラリーの傑作です。

名ベーシスト、Marcus MillerとAnthony Jacksonが参加。
特にMarcus Millerが、気合いの入ったベースを随所で聴かせます。

タイトでセクシーなグルーヴの「Never Too Much」が大ヒット。
80'sらしいエレガントなナンバーです。

続く「Sugar and Spice (I Found Me a Girl)」は、ChicのNile Rodgersのようなギターのカッティングがカッコいい。

「She's a Super Lady」は、このアルバムのハイライト。
ベース、ドラムス、リズム・ギターが一体となって生み出す引き締まったサウンドの上を、しなやかなヴォーカルが浮遊する最高のナンバーです。

「A House Is Not a Home」はDionne Warwickのナンバー。
ラストに相応しい、しっとりとしたソウル・バラードです。

●収録曲
1. Never Too Much
2. Sugar and Spice (I Found Me a Girl)
3. Don't You Know That?
4. I've Been Working
5. She's a Super Lady
6. You Stopped Loving Me
7. A House Is Not a Home


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2015/11/21 18:59 Soul / R&B(80年代) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/280-0b690ce2
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター