音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Sheena Eastonの1983年作『Best Kept Secret』の紹介です。

Greg MathiesonとJay Graydonがプロデュースを担当しており、80'sの王道を行くポップな仕上がりとなっています。

「Telefone (Long Distance Love Affair)」は全米9位のヒットを記録。
懐かしい曲です。

美しいバラード「Almost Over You」もAdult Contemporaryチャートで4位を記録。

「I Like The Fright」はSteve Kipnerが提供。
間奏部分では、Jay Graydonらしい華麗なギター・ソロを聴くことができます。

「Don't Leave Me This Way」や、Randy Newmanが提供した「Just One Smile」も、美しいバラード。
Sheena Eastonの透明感のある美声が映えます。
「Just One Smile」では、Jay Graydonが再びギター・ソロを披露。

単体のCDはかなり高価になっており、入手が難しいですが、『Original Album Series』ならば入手可能。

『Take My Time / モダンガール』(1981年)、『You Could Have Been With Me / 涙のブロークン・ハート』(1981年)、『Madness, Money And Music / マシーナリー』(1982年)、『Best Kept Secret / 秘密』(1983年)、『A Private Heaven / プライベート・ヘブン』(1984年)の5CDのセットを楽しめます。

私生活では4回の結婚と離婚を経験しているとのこと。
強い女性です。

●収録曲
1. Telefone (Long Distance Love Affair)
2. I Like The Fright
3. Almost Over You
4. Devil In A Fast Car
5. Don't Leave Me This Way
6. Let Sleeping Dogs Lie
7. (She's In Love) With Her Radio
8. Just One Smile
9. Sweet Talk
10. Best Kept Man


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2015/12/23 18:08 Rock / Pops名盤(80年代) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/290-2903b9cd
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター