音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Paul Davisの1981年のアルバム『Cool Night』。
Paul Davis / Cool Night (1981年)
Paul Davisは、70年代から80年代中盤にかけてアメリカのカントリー・シーンやポップス・シーンで活躍したシンガー・ソングライター。70年にアルバム・デビューし、81年までの約10年の間に7枚のアルバムを制作。80年代中盤を過ぎると早々と音楽活動から引退し、2008年に60歳という若さでこの世を去った。

本作はPaul Davisの7作目、最後のスタジオ・アルバムである。タイトルの「Cool Night」は、寒い日の冷たい夜という意味にも、暑い日の涼しい夜ぐらいのニュアンスにも受け取れる。

何と言ってもメロウでムーディなタイトル曲が良い。ファースト・シングルとなり、Billboard Hot 100チャートの11位を記録するヒットとなった。センチメンタルなメロディが切ない余韻を残す素晴らしいバラードで、冬の冷たい夜に聴きたくなる。

セカンド・シングルは軽快な「'65 Love Affair」。ポップなメロディと陽気なコーラスが印象的なこの曲は、Hot 100チャートの6位に到達。Paul Davisのシングルの中では最高位を記録した。サード・シングル「Love or Let Me Be Lonely」も同じ路線の爽やかなナンバーだが、チャート的には40位止まり。

アルバム全体では「'65 Love Affair」のようなポップで爽やかなナンバーが多く、春から夏の季節に合う。そう考えると、アルバム・タイトルも「暑い日の涼しい夜」というニュアンスかも知れない。

Paul Davisは77年のアルバム『Singer of Songs - Teller of Tales (アイ・ゴー・クレイジー)』からも、「I Go Crazy」という極上のバラードをヒットさせている(米7位)。センチメンタルでロマンティックなバラードを得意とするシンガー・ソングライターだ。

Paul DavisのこれらのアルバムのCDは、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから昨年7月に再発されている。今年8月にも同じシリーズから100タイトルのCDが発売されるが、その中にはPaul Davisがプロデュースに加わったNigel Olssonの79年のアルバム『Nigel / 涙のダンシング・シューズ』もあり、こちらもお薦め。

●収録曲
1. Cool Night – 3:40
2. You Came to Me / 愛にマジック・タッチ – 3:38
3. One More Time for the Lonely / 想い出という名のふたり – 4:09
4. Nathan Jones – 3:27
5. Oriental Eyes / 忘れ得ぬ魅惑のオリエンタル・アイズ – 4:28
6. '65 Love Affair – 3:54
7. Somebody's Gettin' to You / 誰かがあなたを… – 3:30
8. Love or Let Me Be Lonely – 3:41
9. What You Got to Say About Love – 3:53
10. We're Still Together – 3:40


◆プロデュース: Ed Seay(b, k, bv), Paul Davis(vo, k)

◆参加ミュージシャン: Steve Hardwick/Rick Hinkle(g), Tommy Cooper/Vance Taylor(k), Barry Dunaway(b), Benny Rappa(ds, bv), Carol Veto(bv), etc

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/06/26 12:48 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(2)
コメント
Robbie Dupree の時にコメントさせていただいた者です。
このCool Night も同時代の懐かしいアルバムで、タイトル曲を聴くと少しセンチメンタルな気持ちになってしまいます。

貴殿のこのブログでAOR CITY 1000 シリーズのことを知りました。
有意義な情報有り難う御座います。
2016/07/09 12:20 blacky URL
Re: タイトルなし
> Robbie Dupree の時にコメントさせていただいた者です。
> このCool Night も同時代の懐かしいアルバムで、タイトル曲を聴くと少しセンチメンタルな気持ちになってしまいます。
>
> 貴殿のこのブログでAOR CITY 1000 シリーズのことを知りました。
> 有意義な情報有り難う御座います。

コメントありがとうございます。
タイトル曲は私も大好きな曲で、この曲が流れると当時の雰囲気が蘇ります。

夏はAORの再発シーズンですが、ソニーの「AOR CITY 1000」はかなり充実したシリーズで、私も初CD化されるアルバムを何枚か予約注文しました。

9月21日にはワーナーからも「AOR BEST SELECTION 1300」というシリーズが発売予定ですよ。
http://wbaor.yu-nagi.com/aorbest1.html
2016/07/09 18:17 Warm Breeze URL













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/298-e5e16c38
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Rock名盤(1977年) - Phoebe Snow / Never Letting Go (薔薇の香り) 2017/07/21
Rock名盤(1980年) - Billy Joel / Glass Houses (グラス・ハウス) 2017/07/19
Soul/R&B名盤(1976年) - The Sons of Champlin / A Circle Filled With Love 2017/07/14
Soul/R&B名盤(1985年) - Sade / Promise 2017/07/12
Rock名盤(1978年) - Billy Joel / 52nd Street (ニューヨーク52番街) 2017/07/10
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター