音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Glenn Freyの1988年作『Soul Searchin'』。
Glenn Frey / Soul Searchin'
本作は、EaglesのメンバーであるGlenn Freyの3枚目のソロ・アルバム。
Glenn Freyはモータウン・サウンド発祥の地であるデトロイト生まれであり、R&Bやソウル・ミュージックの影響を身近に受けた。「New Kid in Town」や「Heartache Tonight」など、Eaglesのソウルフルで温かい側面は、Glenn Freyの持ち味と言って良い。

本作も、Glenn Freyのソウルフルな魅力に溢れた温かいアルバム。

Steely Danのエンジニアとして有名なElliot Scheinerがプロデュースを担当。アレンジもNick DeCaroが担当しており、サウンドはとても洗練されている。

「Two Hearts」を除く全曲がGlenn Freyのオリジナルであり、そのうち8曲(1~8)はEagles時代からの制作パートナーであるJack Tempchinとの共作。クールでコンテンポラリーな「Two Hearts」については、James Newton-Howard等、外部のライターが提供した。

「Some Kind of Blue」、「True Love」、「I Did It for Your Love」、「Soul Searchin'」、「It's Your Life」などのソウル・フィーリング溢れるスロー・ナンバーは、どれも極上の聴き心地。
優しいメロディとリラックスした曲調を持ち、Glenn Freyの歌声にも "粋" と豊かな包容力がある。

「True Love」の力強いSaxは、Ghris Mostertによる名演。
ラストの美しいナンバー「It's Your Life」の泣かせるSaxも、やはりGhris Mostertだ。
なお、Glenn Freyはベース、ギター、ドラムス、キーボード、パーカッションなど多彩な楽器を操っており、それもまた素晴らしい。

このアルバムはBillboard 200チャートの36位をマークし、シングル「True Love」はBillboard Hot 100チャートの13位を記録した。

Glenn Freyは今年の1月に67歳で他界し、帰らぬ人となった。
それは残念な事だが、「It's Your Life」の優しい歌詞と穏やかな歌声を聴くと、温かい気持ちになる。

●収録曲
1. Livin' Right - 5:07
2. Some Kind of Blue - 4:40
3. True Love - 4:40
4. Can't Put Out This Fire - 5:04
5. I Did It for Your Love - 4:00
6. Let's Pretend We're Still in Love - 4:51
7. Working Man - 3:25
8. Soul Searchin' - 5:38
9. Two Hearts - 4:01
10. It's Your Life - 4:58


◆プロデュース: Elliot Scheiner, Glenn Frey(vo, g, k, b, ds, per, ar), David "Hawk" Walinski(ar, k), James Newton Howard

◆参加ミュージシャン: Nick DeCaro(ar), Michael Landau/Bruce Gaitsch/Paul Jackson Jr.(g), Robbie Buchanan/Barry Beckett(k), Ghris Mostert(sax), Russ Kunkel/John Robinson(ds), Ralph MacDonald/Steve Forman(per), Timothy B. Schmit/Max Carl(bv), etc.


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/10/14 18:47 AOR名盤(1984~1990年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/299-b4b25461
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1981年) - Niteflyte / Niteflyte II 2017/09/20
AOR名盤(1976年) - Silver / Silver (シルヴァー・ファースト) 2017/09/18
AOR名盤(1977年) - Fools Gold / Mr. Lucky 2017/09/15
AOR名盤(1978年) - Melissa Manchester / Don't Cry Out Loud 2017/09/13
AOR名盤(1980年) - Paul Davis / Paul Davis (パステル・メッセージ) 2017/09/11
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター