音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Leon Wareの1982年作『Leon Ware / 夜の恋人たち』。
Leon Ware / Leon Ware (夜の恋人たち)
Leon Wareは、アメリカのR&B/ソウル・シーンの名ソングライターとして60年代から活動している。
Michael Jackson、Quincy Jones、Minnie Riperton、Marvin Gayeなどに曲を提供しているが、最も有名なのは、Marvin Gayeの1976年の官能的な名作『I Want You』。
このアルバムの収録曲は元々、Leon Wareが自身のセカンド・アルバムに用意していた素材である。
Marvin Gayeがそれらをいたく気に入り、Marvin Gayeのアルバムとして制作されたと言われている。

さて、本作『夜の恋人たち』は、Leon Wareの5枚目のソロ・アルバム。

Leon Wareの共同プロデューサーとして、David Paichの父であるMarty Paichが参画し、David FosterやTOTOのメンバー等、白人AOR系ミュージシャンが多数参加した。
その結果、本作は、Leon Wareらしいロマンティックで官能的な要素に加え、エレガントなAORの要素を併せ持つ名作となった。

「Shelter」、「Deeper Than Love」、「Where Are They Now / 昨日と今日の間に」の甘美でアダルトなムードは、Leon Wareの持ち味。
一方、「Slippin' Away」、「Lost In Love With You」、「Can I Touch You There / 夜のささやき」、「Miracles」のシャープでスタイリッシュなグルーヴは、AORならではの味わいである。

The Manhattan TransferのJanice Siegelとデュエットした「Why I Came To California / カリフォルニアの恋人たち」や、Airto MoreiraとFlora Purimがバック・ヴォーカリストを務めた「Somewhere」も聴きどころ。

非の打ちどころのないアルバムだ。
また、Jeff Porcaroのファンならば、「Lost In Love With You」のグルーヴに痺れるだろう。
Jeff Porcaroの名演は数多くあると言えども、これほど胸のすくグルーヴは中々ない。

●収録曲
1. Slippin' Away - 4:11
2. Lost In Love With You - 3:52
3. Shelter - 3:56
4. Why I Came To California / カリフォルニアの恋人たち - 4:10
5. Deeper Than Love - 3:23
6. Can I Touch You There / 夜のささやき - 4:05
7. Words Of Love - 4:35
8. Miracles - 4:06
9. Somewhere - 4:15
10. Where Are They Now / 昨日と今日の間に - 4:21


◆プロデュース: Leon Ware, Marty Paich(k)

◆参加ミュージシャン: Janice Siegel(vo), Steve Lukather/Dean Parks/David T. Walker(g), David Paich/David Foster/Geoff Leib/Sonny Burke(k), Bill Champlin(k, bv), Chuck Rainey/Nathan East/Abraham Laboriel(b), Jeff Porcaro/James Gadson(ds), Airto Moreira/Laudier De Oliveira/Lenny Castro(per), Gato Barbieri(sax), Rita Coolidge/Bonnie Bramlett/Flora Purim(bv), etc.

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/09/11 15:23 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/301-ae978db3
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター