音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Journeyの1980年作『Departure』の紹介です。

80年代のスタートに相応しい "Departure / 旅立ち" というタイトルのアルバム。

ジャケットの内側には "Join us for our departure into the 80's" というメッセージが。
メンバーの気持ちを表した、清々しいメッセージです。

アルバムは全米8位を記録。
Journeyとして初の全米トップ10入りを果たしました。

爽やかなロック・サウンドとポジティブなムードに満ちた、タイトルどおりのアルバムです。

オープニングの「Any Way You Want It / お気に召すまま」は、アルバムを代表する一曲。
フレッシュなメロディ、Steve Perryの溌剌としたヴォーカル、Neal Schonの情熱的なギター、Steve Smithの堅実なドラムス、それら全てが調和した爽快なロック・チューンです。

「Someday Soon」では、Gregg RolieとSteve Perryのヴォーカルの掛け合いを聴くことができます。
Gregg RolieはJourney結成メンバーの一人ですが、残念ながら本作を最後にバンドを脱退。
後任として、Journeyの前座を務めていたBabysのJonathan Cainが加入します。

卒業と出会い。そして、新たな旅立ち。
春が近づくと聴きたくなるアルバムです。

●収録曲
1. Any Way You Want It / お気に召すまま
2. Walks Like A Lady
3. Someday Soon / いつの日か…
4. People And Places / 感じてほしい…
5. Precious Time / 至上の愛
6. Where Were You / 消えたあの娘
7. I'm Cryin' / 泣きぬれて
8. Line Of Fire / バイバイ、スージー
9. Departure
10. Good Morning Girl
11. Stay Awhile / 僕のそばに…
12. Homemade Love


◆プロデュース: Geoff Workman, Kevin Elson

◆参加ミュージシャン: Steve Perry(vo), Gregg Rolie(k, harmonica, vo), Neal Schon(g), Steve Smith(ds, per), Ross Valory(b)

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/02/27 21:40 Rock / Pops名盤(80年代) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/309-a55ded45
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター