音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Al Jarreauの1981年のアルバム『Breakin' Away』。
Al Jarreau / Breakin' Away (1981年)
Al Jarreauは、卓越したヴォーカル・テクニックを持つアメリカのジャズ・ヴォーカリスト。ソフトな歌い口と軽妙なスキャットを持ち味とし、ジャズ・シーンばかりでなくポップス・シーンでも高い人気を誇る。

本作はAl Jarreauの5枚目のスタジオ・アルバム。80年代に入ってからの4枚、『This Time』(80年)、本作、『Jarreau』(83年)、『High Crime』(84年)は、いずれもJay Graydonのプロデュース作品であり、意匠を凝らすGraydonらしいアレンジにより美しく洗練したサウンドを誇る。その中でも完璧と言えるのが本作だ。

本作の収録曲は、オリジナルが7曲(1~7)、残りはカヴァー曲という構成。オリジナル曲に関しては、Graydonと協力プロデューサーのTom Canning、Alの3人で5曲(1, 4, 5, 6, 7)を共作した他、Pagesのメンバーが1曲(2)、Roger MurrahとKeith Stegalが1曲(3)を提供している。

カヴァー曲のうち「Blue Rondo à la Turk」はDave Brubeck作のジャズ・スタンダードで、Dave Brubeck Quartetの1959年のアルバム『Time Out』の収録曲。もう1曲の「Teach Me Tonight」も、数多くのカヴァー・バージョンが存在するポップス・スタンダードだ。

ファースト・シングルの「We're in This Love Together / 奏でる愛」はBillboard Hot 100チャートの15位を記録し、Al Jarreau最大のヒット曲となった。またアルバムも、Billboard 200チャートの9位にランク・インした他、R&BとJazzのチャートでは1位となり、Alの作品の中で最も良いチャート・アクションを記録した。

ヒットした「奏でる愛」以外にも聴きどころが多い。繊細なビートでありながらグルーヴ感抜群の「Closer to Your Love」、Pagesの二人とAlのハーモニーが美しい「My Old Friend」、甘美なバラードの「Our Love」、Jeff Porcaroらしい軽快なシャッフルを聴ける「Breakin' Away」など、極上のAORナンバーが揃っている。

また、「Easy」「Roof Garden」「Blue Rondo à la Turk」の3曲では、Alが得意のパーカッシヴ・ヴォーカルを披露。見事なテクニックである。「Blue Rondo à la Turk」は、82年のグラミー賞において「Best Jazz Vocal Performance, Male」を受賞し、アルバムも「Best Pop Vocal Performance, Male」の栄誉に輝いた。

Jay Graydonのプロデュース作品に外れはないが、このアルバムはその中でも最高レベルの一枚。プロデューサーとアーティスト、そして参加ミュージシャンの技量が見事な相乗効果を生んだ快作である。

●収録曲
1. Closer to Your Love - 3:54
2. My Old Friend / 心の友へ - 4:26
3. We're in This Love Together / 奏でる愛 - 3:44
4. Easy / 愛は世界をめぐり - 5:23
5. Our Love / 明日に漂う - 3:53
6. Breakin' Away - 4:12
7. Roof Garden - 6:19
8. (Round, Round, Round) Blue Rondo à la Turk / トルコ風ブルー・ロンド - 4:44
9. Teach Me Tonight / 今夜教えて - 4:13


◆プロデュース: Jay Graydon(g, sy)

◆参加ミュージシャン: Steve Lukather/Dean Parks(g), David Foster/Michael Omartian/George Duke/Tom Canning/Larry Williams/(k), Michael Boddicker/Peter Robinson(sy), Abraham Laboriel/Neil Stubenhaus(b), Steve Gadd/Jeff Porcaro(ds), Tom Scott/Lon Price(sax), Jerry Hey(tp), Richard Page/Steve George/Bill Champlin(bv), etc

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/04/30 17:08 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(2)
コメント
アルジャロウはBGM的にはよく聴いたのですが、掘り下げて聴きこんだことがないので今度勉強してみます!
2017/05/01 11:12 ローリングウエスト URL
Re: タイトルなし
RWさん、こんにちは。

アルジャロウはBGMには最適ですね。ドライヴにも合うと思いますよ。70年代のアルバムだと、1976年の『Glow』がお薦めです。
RWさんの今回の「My Favorite Songs」の記事は、J ガイルズ・バンドの「堕ちた天使」ですね。拝見します。
2017/05/01 18:59 Warm Breeze URL













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/322-8fe534b9
カテゴリー一覧

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年作『Bobby Caldwell

お気に入りに追加

ブロとも申請

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
ミュージックのお薦め
アクセスランキング
QRコード
QR
最新記事一覧
AOR名盤(1976年) - Ned Doheny / Hard Candy 2017/06/22
AOR名盤(1979年) - Deniece Williams / When Love Comes Calling 2017/06/21
AOR名盤(1983年) - Paul Anka / Walk A Fine Line 2017/06/20
AOR名盤(1982年) - Dwayne Ford / Needless Freaking 2017/06/19
AOR名盤(1980年) - Nigel Olsson / Changing Tides 2017/06/18
Amazon専用ストア
アクセスカウンター