音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

The Dukes (Bugatti & Musker)の1982年のアルバム『The Dukes / ミステリー・ガール』。
The Dukes (Bugatti & Musker) / The Dukes (ミステリー・ガール) (1982年)
The Dukesは、Frank Musker(マスカー)とDominic Bugatti(ブガッティ)という英国人のソングライターによるユニット。二人は "Bugatti & Musker" という名前で、Sheena Eastonの「Modern Girl」(80年)やAir Supplyの「Every Woman In The World」(80年)など、様々なアーティストにヒット曲を提供しているが、自分たちのアルバムとして制作したのはこの『The Dukes』が最初で最後である。

このアルバムのプロデュースは大御所プロデューサーのArif Mardinが手掛けた。
収録曲は全て二人のオリジナルで、プロのソングライターらしい親しみやすいメロディが揃っている。

フロント・カヴァーのネオンの文字がディスコ風のサウンドを想像させるが、実際にダンサブルな曲が多い。また、収録曲の約半分は他のアーティストに取り上げられている。

パーティ・ソングの「Thank You For The Party」は、Sister Sledgeが83年のアルバム『』でカヴァー。「Love Dance」は、Otis Reddingの息子2人とそのいとこが結成したThe Reddingsの81年のアルバム『』の収録曲。「So Much In Love」は、Sheena Eastonの81年のデビュー作『』に「Modern Girl」と一緒に提供した曲。「Fate」は、Chaka Khanの81年のアルバム『』の収録曲だ。

1曲目の「Mystery Girl」は本作一押しのスタイリッシュなナンバー。キャッチーで明快なメロディと、参加ミュージシャンによる引き締まった演奏が気持ちいい。前年にシングルとして先行リリースされ、UKチャートでは47位をマークした。

参加ミュージシャンにはTOTOのSteve Lukather(g)やJeff Porcaro(ds)、MaxusのRobbie Buchanan(k)といったお馴染みのセッション・プレイヤー以外に、Richard Tee(k)のような大御所の名前も並ぶ。ちなみにRichard Teeは、「Excitement Of The New」「Love Dance」の2曲で鍵盤のソロを弾いている。

このアルバムは2016年4月にワーナーの「新・名盤探検隊」シリーズからCDが再発された。最新のデジタル・リマスタリングに加えてボーナス・トラックが3曲収録されており、お薦めだ。

●収録曲
1. Mystery Girl - 4:41
2. Survivor - 3:18
3. Thank You For The Party - 3:39
4. Memories - 3:14
5. Excitement Of The New - 5:34
6. Love Dance - 3:41
7. Soul Mates - 3:38
8. So Much In Love - 4:17
9. Fate - 3:35
10. Nite Music - 3:53


◆プロデュース: Arif Mardin

◆参加ミュージシャン: Steve Lukather/David Williams/Paul Jackson Jr./Carlos Rios(g), Robbie Buchanan/Richard Tee(k), Will Lee(b, bv), Abraham Laboriel(b), Jeff Porcaro/John Robinson(ds), Hamish Stuart/Marcy Levy(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/05/02 16:54 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/324-b3dc4407
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター