音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Supertrampの1982年作『...Famous Last Words...』。
Supertrampの中では一番ぐらいに好きなアルバムで、発売当時よく聴いた。

Supertrampはイギリスのロック・バンド。
サウンドやメロディに、英国らしい真面目さ、ナイーブさがあり、それが堪らない魅力となっている。

本作は、全米1位の大ヒットを記録した前作『Breakfast In America』(1979年作)に続くアルバム。
本作も全米5位のヒットとなった。

シングル・ヒットした「It's Raining Again」は陽気なメロディを持った曲だが、途中でメロディがふと切なくなる瞬間があり、何とも言えずほろ苦い。

「Know Who You Are」は、まどろみの中で聴いているようなベールをまとった曲。
寂しげなメロディと、アコースティックな風合いが素晴らしい。

「C'est Le Bon」も同じ路線のアコースティック・ナンバー。
HeartのAnn WilsonとNancy Wilson姉妹が、この曲と「Put On Your Old Brown Shoes」でバック・ヴォーカルを担当している。

6分を超えるラストの大作「Don't Leave Me Now」も、完璧な泣きのメロディ。
切ないヴォーカルと泣きのSax、ギターで、寂しさを壮大に盛り上げる、異色のエンディング。

ノリの良い陽気な洋楽が多かった当時、切なさが溢れている本作はとても印象的だった。
ふと思い出したように聴くが、いつ聴いても切ない。

●収録曲
1. Crazy - 4:44
2. Put on Your Old Brown Shoes - 4:22
3. It's Raining Again - 4:24
4. Bonnie - 5:37
5. Know Who You Are - 4:59
6. My Kind of Lady - 5:15
7. C'est Le Bon - 5:32
8. Waiting So Long - 6:35
9. Don't Leave Me Now - 6:24


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/04/10 19:05 Rock / Pops名盤(80年代) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/325-949e496d
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Peter Allen / Not The Boy Next Door 2017/08/22
Rock名盤(1980年) - Paul Simon / One Trick Pony 2017/08/20
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター