音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Jackson Browneの1974年の傑作『Late For The Sky』。
Jackson Browneにとって3枚目の作品である。

静かでロマンティックなアルバムだ。
ヒット・シングルは含まれていないが、このアルバムが一番好きだと言う人は多いのではないか。

特に、タイトル曲の「Late For The Sky」で始まるA面は、穏やかで静かな曲が並ぶ。

Dan Fogelberg、Don Henley、J. D. Southerによるバック・ヴォーカルは絶品。
David Lindleyのスライド・ギターも泣かせる。
品のあるサウンドは、名プロデューサー、Al Schmittの手腕である。

窓に明りが灯る家の前で、街灯の下に停められた白い車。
でも、空は朝のように青く、雲は白い。
夜なのか、夜明けなのか、どちらでもない空想上の時なのか、分からない。

"Late For The Sky" ってどういう意味だろう?
タイトル曲「Late For The Sky」では、愛した女性をまさに失った寂しさが延々と歌われる。
"Late For The Sky" というフレーズは、1回だけ、曲の締めくくりに出てくる。
印象的な使われ方だ。
自分は空に遅れて、まだ夜の中にいる、そんな心境を歌ったのだろうか?

聴く人によっていろいろな解釈ができる、懐の深いアルバムである。

●収録曲
1. Late for the Sky – 5:36
2. Fountain of Sorrow – 6:42
3. Farther On – 5:17
4. The Late Show – 5:09
5. The Road and the Sky – 3:04
6. For a Dancer – 4:42
7. Walking Slow – 3:50
8. Before the Deluge – 6:18


◆プロデュース: Jackson Browne(vo, k, ag), Al Schmitt

◆参加ミュージシャン: David Lindley(g), Doug Haywood(b), Larry Zack(ds), Jai Winding(k), Jackson Browne(vo, k, ag), David Campbell(orch ar), Dan Fogelberg/Don Henley/J. D. Souther(bv), etc

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/04/11 19:13 Rock / Pops名盤(70年代) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/326-6d858d06
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター