音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Quincy Jonesの1981年作『The Dude』。
Quincy Jonesのソロ・アルバムの中では最高の一枚だ。

ヴォーカル・アルバムとなっており、Patti Austinと新人のJames Ingramがヴォーカルを担当している。
全ての曲が、メロディ、アレンジ、演奏、どの点をとっても、驚くほどレベルが高い。

James Ingramは「The Dude」、「Just Once」、「One Hundred Ways」の3曲で見事なヴォーカルを披露。
「Just Once」、「One Hundred Ways」は、Billboard Hot 100の17位と14位を各々記録した。
「Just Once」は、Barry Mannが提供した名バラードだ。

Patti Austinは「Betcha Wouldn't Hurt Me」、「Somethin' Special」、「Razzamatazz」、「Turn on the Action」の4曲のヴォーカルを担当。
特に、「Razzamatazz」の小気味良いヴォーカルがとてもエレガント。
間奏部分のセクシーなギターは、TOTOのSteve Lukatherである。

「Velas」は、本作唯一のインストゥルメンタル・ナンバー。
この曲の芸術的な口笛とハーモニカは、Toots Thielemans。
感動的な美しさである。
この曲は、FM TOKYOの80年代の名番組『FM STATION my sound graffiti』(1981年 - 1989年 3:00 - 3:45)のエンディング・テーマとして使われた。

アルバムは1982年のグラミー賞で、最優秀ヴォーカル入りインストゥルメンタル編曲賞(Ai No Corrida)など、3部門を受賞。
James Ingramも、ベストR&Bヴォーカル・パフォーマンス賞を受賞している。

夜の友として、完璧なアルバムだと思う。

●収録曲
1. Ai No Corrida
2. The Dude
3. Just Once
4. Betcha Wouldn't Hurt Me
5. Somethin' Special
6. Razzamatazz
7. One Hundred Ways
8. Velas
9. Turn on the Action


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/04/12 20:17 Jazz / Fusion TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/327-c67c0fb0
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター