音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Ambrosiaの1980年のアルバム『One Eighty / 真夜中の晩餐会』。
Ambrosia / One Eighty (真夜中の晩餐会) (1980年)
Ambrosiaはロサンゼルス生まれのバンド。プログレッシヴ・ロック・バンドとしてスタートし、次第にコンテンポラリーな作風にスタイルを変えたバンドである。

バンドの結成は1971年で、初期メンバーはDavid Pack(g, vo), Joe Puerta(b, vo), Christopher North(k), Burleigh Drummond(ds, vo)の4人。後にDavid Cutler Lewis(k)とRoyce Jones(per, vo)が加わって6人編成となった。フロント・カヴァーに写る3人はDavid(Pack), Joe, Burleighである。

彼らのデビュー・アルバムは75年の『Ambrosia』で、そこではAlan Parsonsがエンジニアとミキシングを担当している。Alan Parsonsは、76年のセカンド・アルバム『Somewhere I've Never Travelled / ピラミッドの伝説』のプロデュースも担当し、この頃のAmbrosiaは "LA唯一のプログレ・バンド" として注目された。

本作は彼らの4作目。プログレの残り香はあるが、金澤寿和氏の『AOR Light Mellow』で紹介されるほどのコンテンポラリーな内容になっている。

1曲目の「Ready / もう待てない」は、ギター・オリエンテッドなサウンドが爽快なロック・チューン。リード・ヴォーカルはDavid Packだが、サビではJoe Puertaとの高音のハモリが見事に決まる。ちなみに、彼らのうちDavid(Pack), Joe, Burleigh, Royceの4人がリード・ヴォーカルを取ることができ、本作ではDavidが5曲(1, 4, 6, 8, 9)、Joeが2曲(3, 5)、Burleighが1曲(7)、Royceが1曲(2)を担当した。

続く「Shape I'm In」と「Kamikaze / 神風」は、彼らの出自を感じさせるプログレ風のナンバー。と言っても、どこかウェスト・コースト産の爽やかさが感じられるのが彼らの特長だ。

「Your'e The Only Woman / 愛にときめいて」は、AOR史上屈指のメロウ・バラード。曲のタイトルに相応しいロマンティックなメロディを持ち、David, Burleigh, Joe, Royceによるふくよかなハーモニーが美しい。この曲はセカンド・シングルとなり、Billboard Hot 100チャートの13位となるヒットを記録した。

本作にはもう一曲、「Biggest Part Of Me」という有名なメロウ・チューンが収録されている。ファースト・シングルとしてBillboard Hot 100チャートの3位をマークし、彼らを代表するヒット曲となった。この曲では、ゲスト・ミュージシャンのErnie Wattsが素晴らしいSaxソロを添えている。

David Packの美しいファルセットやソウルフルな歌い方はMichael McDonaldと良く比べられる。また、「愛にときめいて」やこの「Biggest Part Of Me」のようなヒット性の高いバラードを書く才覚がある。78年のサード・アルバム『Life Beyond L.A. / 遥かなるロスの灯』にも、Davidの書いた「How Much I Feel / お前に夢中」という極上のメロウ・バラードがあり、やはりBillboard Hot 100チャートの3位を記録。AOR路線へのone-eighty(180度旋回)の牽引役となった。

●収録曲
1. Ready / もう待てない - 4:25
2. Shape I'm In - 3:29
3. Kamikaze / 神風 - 4:01
4. Your'e The Only Woman / 愛にときめいて - 4:20
5. Rock N' A Hard Place - 3:59
6. Livin' On My Own - 4:41
7. Cryin' In The Rain / 雨に打たれて - 4:37
8. No Big Deal - 4:25
9. Biggest Part Of Me - 5:26


◆プロデュース: Ambrosia, Freddie Piro

◆参加ミュージシャン: David Pack(g, vo), Joe Puerta(b, vo), Christopher North/David Cutler Lewis(k), Burleigh Drummond(ds, per, vo), Royce Jones(per, vo)
with Ernie Watts(sax), etc

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/05/03 17:49 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(2)
コメント
Biggest Part Of Me
アンブロージアといえば
Biggest Part Of MeとYour'e The Only Womaの2曲。ていうか、
これしか知りません(笑)トップ40とかビルボード誌のチャートに
首ったけの時期だった頃によく聞きました。

>プログレッシヴ・ロック・バンドとしてスタート
そうなんだ!もともとAORのグループと思ってました。v-12
詳しい記事ためになりました。ありがとう。
2017/05/05 08:28 ムンドリ URL
Re: Biggest Part Of Me
ムンドリさん、こんにちは。
こちらこそ宜しくお願いします。

アンブロージアといえば「Biggest Part Of Me」。AORのバンドというイメージですよね。
でも、ファーストとセカンドはプログレという感じがします。メロディが適度にポップで、初期のYesのような雰囲気もあります。セカンド・アルバムの邦題なんか『ピラミッドの伝説』ですからね。
2017/05/05 10:18 Warm Breeze URL













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/328-dd40e778
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Rock名盤(1977年) - Phoebe Snow / Never Letting Go (薔薇の香り) 2017/07/21
Rock名盤(1980年) - Billy Joel / Glass Houses (グラス・ハウス) 2017/07/19
Soul/R&B名盤(1976年) - The Sons of Champlin / A Circle Filled With Love 2017/07/14
Soul/R&B名盤(1985年) - Sade / Promise 2017/07/12
Rock名盤(1978年) - Billy Joel / 52nd Street (ニューヨーク52番街) 2017/07/10
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター