音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

George(g)とLouis(b)のJohnson兄弟が結成したThe Brothers Johnsonの1976年のデビュー・アルバム『Look Out for #1』。
ノリノリのジャケットが良い。

プロデューサーはQuincy Jones。
Jazz/Fusion界の実力派ミュージシャンが参加している。

「Thunder Thumbs And Lightnin' Licks」、「Tomorrow」を除いてヴォーカルが入っているが、ヴォーカルを聴かせるアルバムではない。
Louis Johnsonのベースの肉感を味わうアルバムである。

アルバムは、米ビルボードのソウル・チャートで1位、ジャズ・チャートでは3位を獲得。
軽やかなメロディの「I'll Be Good To You」はシングル・カットされ、全米3位のヒットとなった。

Louis Johnsonのベースはとても肉感的。
指の肉がベースの弦を弾く感触が伝わってくるような音だ。
Harvey Masonの粘り気のあるドラムスと相性はバッチリ。
とても心地よいグルーヴを作っている。

ビートルズの「Come Together」をカバーしているが、クセになるような中毒性のあるグルーヴだ。

●収録曲
1. I'll Be Good to You - 4:44
2. Thunder Thumbs And Lightnin' Licks - 4:51
3. Get The Funk Out Ma Face - 2:27
4. Tomorrow - 2:58
5. Free and Single - 4:07
6. Come Together - 4:12
7. Land of Ladies - 4:30
8. Dancin' and Prancin' - 3:01
9. The Devil - 3:40


◆プロデュース: Quincy Jones

◆参加ミュージシャン: George Johnson(g, vo), Louis Johnson(b, vo), Lee Ritenour(g), Dave Grusin/Don Lewis(k), Ian Underwood(sy), Harvey Mason(ds), Toots Thielemans(harmonica), Ralph MacDonald(per), Billy Cobham(timbales), Ernie Watts/Sahib Shihab/Terry Harrington(sax, flute), Bill Lamb/Chuck Findley(tp), Glenn Ferris(tb), Jesse Kirkland/Jim Gilstrap/Pepper Swinson/Syreeta Wright(bv), Paul Riser(horn ar)

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/04/17 18:54 Jazz / Fusion TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/331-a7971295
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター