音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Marilyn Scottの1979年のアルバム『Dreams Of Tomorrow』。
Marilyn Scott / Dreams Of Tomorrow (1979年)
Marilyn Scottはロサンゼルス生まれの女性ジャズ・シンガー。70年代中盤から音楽活動をスタートし、ブルーアイド・ソウルのスタイルを持ったセッション・ヴォーカリストとして、Tower of PowerやYellowjacketsを始めとする様々なアーティストの活動を支えたのち、90年代後半にジャズ・シンガーに転向した。

彼女はソロ・アルバムも制作しているが、その多くはジャズ・シンガーに転向後の作品。従って、それ以前の70年代、80年代のアルバムは1枚ずつしかない。

本作は彼女のデビュー作。心地よいグルーヴを持ったクラブ受けしそうな曲が多く、ソウルフルで堂々とした彼女の歌声もたっぷり味わえる。また、サウンドや演奏にフュージョン的な味付けがあるところも良い。

収録曲の多くはカヴァー曲や他作の曲で、彼女が曲作りに関わったのは2曲(5, 8)のみ。
1曲目の「Let's Be Friends」は、The Yellowjacketsのキーボード奏者であるRussell Ferranteの作。高揚感のあるグルーブがとても爽やかなナンバーだ。

タイトル曲の「Dreams Of Tomorrow」もノリの良い曲。この曲はフィリー・ソウル系のソングライターであるDexter Wanselの作。メロウな「You Are All I Need」もDexterの作だが、こちらはJean Carnが76年のアルバム『Jean Carn』で最初に歌った。

リラックスした「Highways Of My Life」は、The Isley Brothersの73年のアルバム『3+3』の収録曲のカヴァー。続く「Why-Oh-You」は軽快なポップ・ナンバーで、後にMaxusを結成するJay Gruskaの作だ。

「You Made Me Believe」は、Pieces(ピーセス)のJeff Leibの作で、彼らの79年のアルバム『Pieces』の収録曲。金澤寿和氏の『AOR Light Mellow』に紹介されたAORの名盤だが、入手がなかなか難しい。

ラストの「Yes I Can」は、"5番目のビートルズ" と呼ばれたBilly Prestonの作。メロディに優しさがあり、Marilyn Scottの歌には強さと包容力がある。弱った背中をしっかりと押してくれるような素晴らしい曲だ。

彼女のセカンド・アルバムは83年の『Without Warning!』。Michael Sembelloがプロデュースを担当しており、こちらもお薦めだ。

●収録曲
1. Let's Be Friends - 3:39
2. Dreams Of Tomorrow - 4:39
3. Highways Of My Life - 3:58
4. Why-Oh-You (Y - O - U) - 3:33
5. Let's Not Talk About Love - 3:13
6. You Are All I Need - 5:53
7. You Made Me Believe - 4:00
8. The Beach - 4:00
9. Yes I Can (I Can Get Along Without Them) - 5:00


◆プロデュース: James Stroud

◆参加ミュージシャン: Dan Ferguson/Ray MacCarty(g), Russell Ferrante(k), Steve Porcaro(sy), Chip Benson(b), Mark Sanders(ds, per), Chuck Wike(per), Tower Of Power Horn Section(horns), etc

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/05/04 16:55 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/335-a86395d2
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Rock名盤(1976年) - Barry Manilow / This One's For You (想い出の中に) 2017/07/23
Rock名盤(1977年) - Phoebe Snow / Never Letting Go (薔薇の香り) 2017/07/21
Rock名盤(1980年) - Billy Joel / Glass Houses (グラス・ハウス) 2017/07/19
Soul/R&B名盤(1976年) - The Sons of Champlin / A Circle Filled With Love 2017/07/14
Soul/R&B名盤(1985年) - Sade / Promise 2017/07/12
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター