音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Crackin'の1978年のアルバム『Special Touch』。
Crackin' / Special Touch (1978年)
Crackin'は70年代に活動した白人・黒人混成の大型グループ。メンバーには、後に実力派セッション・シンガーとして活躍するLeslie Smithや、売れっ子プロデューサー・チームとしてRobbie DupreeやSmokie Robinson、The Temptations、Kenny Gらを手掛けるRick ChudacoffとPeter Bunettaが在籍した。彼らはもとはNYで活動していたが、西海岸のサン・フランシスコに活動の拠点を移してレコード契約を獲得し、70年代後半に4枚のアルバムを残している。

彼らの音楽は都会的な洗練のあるソウル・ミュージック。メロウでファンキーなグルーヴと豊かな(時に郷愁を誘う)メロディがあり、ソウルフルな歌声と爽やかなハーモニーがある。また、演奏も躍動感に溢れていて、心地よい音楽に求められる要素がみな揃っている。中田利樹氏は彼らの音楽を「既成のロックでもソウルでもない独自のファンキー・サウンド」と表現した。

本作は彼らのラスト・アルバムとなる4作目。前作に続いてMichael Omartianがプロデュースを担当した。Michael Omartianは、2年後にChristopher Crossのグラミー受賞作『南から来た男』のプロデュースを手掛ける名匠だ。

収録曲は「Nobody Else」と「In Between」の2曲を除いて彼らのオリジナル。
「Nobody Else」はRobbie Dupree作の都会的なナンバーで、Dupree本人も80年のデビュー作『ふたりだけの夜』でセルフ・カヴァーした。そのアルバムをプロデュースしたのはBunetta & Chudacoffのコンビである。

「In Between」はMichael Omartianと奥様のStormieによる共作。Leslie Smithが艶のあるテナー・ヴォイスで情感豊かに歌いあげるロマンティックな曲だ。ちなみに、Leslie Smithの82年のソロ・デビュー作『Heartache』も、Bunetta & Chudacoffがプロデュースした。

「Too Young」はファンキーとメロウを巧みにブレンドしたCrakin'らしいバラード。憂いのあるメロディと美しいハーモニーが切ない余韻を残す。

空に舞い上がるようなメロディとグルーヴを持つ「Don't Cha Love Me」も良い。Leslie Smithの伸びやかな歌声にWatersの女性二人(Julia, Maxine)のエレガントなバック・ヴォーカルが絡む会心の作だ。

本作は、ワーナーの「AOR BEST SELECTION 1300」シリーズから昨年9月に高品質SHM-CDで再発された。Robbie Dupreeの『ふたりだけの夜』や、Lauren Woodの81年のアルバム『Cat Trick』など、Bunetta & Chudacoffのプロデュース作も同じシリーズからCDが再発されており、お薦めだ。

●収録曲
1. Double Love - 3:23
2. Too Young - 3:58
3. Heavenly Day - 4:02
4. Nobody Else - 3:05
5. I Could Be Anything - 3:58
6. I Can't Wait Forever - 4:02
7. In Between - 3:53
8. Don't Cha Love Me - 3:49
9. On The Wing - 4:15
10. Kalalee - 5:07


◆プロデュース: Michael Omartian(k, per, bv)

◆参加ミュージシャン: Leslie Smith/Arno Lucas(vo, per), Bob Bordy/Brian Ray(g), G.T.Clinton(k), Rick Chudacoff(b), Peter Bunetta(ds, per)
with Jay Graydon(sy), Ernie Watts(sax), Julia Waters/Maxine Waters(bv), etc

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/05/05 17:57 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(4)
コメント
ブライアン・レイ
こんばんは。
私もこのバンド、大好きでした。レスリー・スミスやバネッタ&チューダコフが在籍していたバンドとして有名ですが、個人的にはブライアン・レイに注目!今やポール・マッカートニー・バンドのギタリストとして有名なブライアン・レイ。(恐らく)このバンドに在籍していたブライアンと同一人物かと思ってます。この時もシャープなギターを弾いてましたね。
2017/05/05 20:41 240 URL [ 編集 ]
Re: ブライアン・レイ
240さん、こんばんは。

なるほど!
調べてみたところ、ギタリストのブライアン・レイは確かにポール・マッカートニー・バンドのギタリストと同一人物ですね。
(エアロスミスのスティーヴン・タイラー似ですね…)

初めて知りました! 教えてくださって、ありがとうございます。
クラッキンには前作からの参加ですね。

240さんの『Makings Of A Dream』の記事も拝見しました。
2017/05/05 23:04 Warm Breeze URL
すごいマニアックな深堀記事・・、このアーティストは全く知りません。凄いですね~
明日からまた会社か~、リハビリが必要と思えますが皆も一緒か・・。また日常に戻らねば・・(苦笑)
2017/05/07 19:25 ローリングウエスト URL
Re: タイトルなし
RWさん、こんばんは。

クラッキンはお薦めですよ~
The Doobie Brothersあたりが好きならば、きっと気に入ると思います。

GWも終わってしまいましたね。良い音楽を助けに明日からも頑張りましょう。
2017/05/07 23:34 Warm Breeze URL













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/336-d5675618
カテゴリー一覧

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年作『Bobby Caldwell

お気に入りに追加

ブロとも申請

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
ミュージックのお薦め
アクセスランキング
QRコード
QR
最新記事一覧
AOR名盤(1981年) - Paul Davis / Cool Night 2017/06/26
AOR名盤(1978年) - Kenny Loggins / Nightwatch 2017/06/25
AOR名盤(1981年) - James Taylor / Dad Loves His Work 2017/06/24
AOR名盤(1979年) - J.D. Souther / You're Only Lonely 2017/06/23
AOR名盤(1976年) - Ned Doheny / Hard Candy 2017/06/22
アクセスカウンター