音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Bob Marley & The Wailersの1975年作『Live!』。
1975年のロンドン公演を収録した素晴らしいライヴ・アルバムだ。

The Wailersは、Bob Marleyを中心に結成されたレゲエ・バンド。
レゲエというとリラックスした要素があるが、Bob Marleyのレゲエはエネルギッシュで力強い。

アルバム・ジャケットにはラスタカラー(黒、赤、緑、金(黄)の4色)が使われている。
ジャマイカのラスタファリ運動にゆかりのあるカラーだ。
黒はジャマイカ独立のために戦った黒人戦士、赤は戦いで流れた血、緑はジャマイカの自然、金は太陽を表すそうだ。

ジャケットのBob Marleyの躍動感が凄い。
アルバム・タイトルの "Live" にも、"!" が付いている。

単なる生演奏を収めたアルバムじゃないんだよ、という意図であろう。
ミュージシャンと聴衆の一体感、熱く盛り上がる様、レゲエという音楽の力、Bob Marleyというカリスマの存在感、そういったものが伝わってくるアルバムである。

特に後半、「No Woman, No Cry」からの盛り上がりは感動的。

「No Woman, No Cry」では、優しい歌声に多くの聴衆が涙しているのではないだろうかと思わせるような、恍惚とした時間が流れる。

「I Shot the Sheriff」は、前年(1974年)にEric Claptonのカヴァーが全米1位の大ヒットを記録した。
本家本元の「I Shot the Sheriff」は、Bob Marleyが狂おしく歌う。
想いみたいなものが全然違う。

「Get Up, Stand Up」では、聴衆との熱い掛け合いを聴くことができる。
地元ジャマイカではなく、ロンドンの聴衆とである。
感動せずにはいられない。

●収録曲
1. Trenchtown Rock - 4:23
2. Burnin' and Lootin' - 5:11
3. Them Belly Full (But We Hungry) - 4:36
4. Lively Up Yourself - 4:33
5. No Woman, No Cry - 7:07
6. I Shot the Sheriff - 5:18
7. Get Up, Stand Up - 6:28
8. Kinky Reggae - 7:35


▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/04/29 20:22 Rock / Pops名盤(70年代) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/341-dcd17997
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Peter Allen / Not The Boy Next Door 2017/08/22
Rock名盤(1980年) - Paul Simon / One Trick Pony 2017/08/20
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター