音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Byrne And Barnesの1981年のアルバム『An Eye For An Eye / スウィート・リヴェンジ』。
Byrne And Barnes / An Eye For An Eye (スウィート・リヴェンジ) (1981年)
Byrne And Barnesは、アメリカのマッスル・ショールズを拠点に活動するシンガー・ソングライターのRobert Byrne(vo, g)と、同じマッスル・ショールズで活動するマルチ・プレイヤーのBrandon Barnes(k, b, ds, bv)によるユニット。本作は彼らの唯一のアルバムである。

Robert Byrneには79年のソロ・デビュー作『Blame It On The Night / ワン・ナイト・ロマンス』があるが、それに続くセカンド・アルバム用にBrandon Barnes等と制作していたマテリアルをByrne And Barnes名義でリリースしたという経緯のようだ。

両アルバムとも金澤寿和氏の著書『AOR Light Mellow』で紹介されているが、クオリティは本作『An Eye For An Eye』の方が上。ところが、発売当時は本国アメリカでのリリースは見送られ、日本のみでリリースされた。2001年の初CD化も日本のドリームスヴィル・レコードからである。

収録曲は共作も含めて全て彼らのオリジナル。初CD化の際にボーナス・トラックが2曲追加され、そこでの曲数は13曲になっている。内訳は、Byrne And Barnesによる共作が8曲(1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12)、Robert Byrneの作/共作が4曲(9, 10, 11, 13)、Brandon Barnesが他のライターと共作したのが1曲(6)である。

琴線に触れるような憂いのあるメロディの曲が多く、とてもロマンティックなアルバムだ。と言っても、甘くウェットな質感ではなく、サウンドはクールでビター。初CD化の際に初めて聴いて、これは素晴らしいアルバムだと感動した。こういうメロディはアメリカでは好まれないのだろうか?

フロント・カヴァーが印象的で、一度見たら忘れられない。海か空を思わせる鮮やかなブルーの背景と、瞳を閉じる美しい女性の横顔。これだけで十分なのに、瞼の上には奇妙なオブジェが…。とてもシュール。

曲が優れているので、USリリースはないのにカヴァーは多い。カヴァー曲の主な収録アルバムは次のとおり。

○「One More Try For Me」:『』(Crystal Gayle & Gary Morris, 87年)
○「Love You Out Of Your Mind」:『』(Anne Murray, 84年)
○「Be My Baby」:『Borrowed Time』(Johnny Rivers, 80年)
○「Right Through The Heart」:『You Can Call Me Blue』(Michael Johnson, 80年)。『』(Manfred Mann's Earth Band, 86年)
○「Who's That Look In Your Eye」:『』(Michael Johnson, 84年)。『』(Rick Bowles, 84年)。『』(Engelbert Humperdinck, 83年)。

2016年の7月にFavorite Recordingsというフランスのレーベルから輸入盤のCDとLPが同時に再発されており、ボーナス・トラックは未収録だが、お薦め。
※ちなみに曲順は初CD化のもの(以下に示す曲順)と異なっている。

●収録曲
1. An Eye For An Eye - 3:50
2. Standby Lover - 4:07
3. Crack The Whip / 愛の罠 - 3:19
4. Keep On Running - 3:16
5. One More Try For Me / 君がいるかぎり - 3:57
6. Never Gonna Stop Lovin' You - 3:30
7. Love You Out Of Your Mind - 3:14
8. I'll Try A Little Everyday For You - 3:18
9. Making Love For The First Time / 星に誓ったふたり - 2:54
10. Be My Baby - 2:52
11. Right Through The Heart / ハートでお願い - 3:55
12. That's The Way She Goes (Bonus Track) - 4:14
13. Who's That Look In Your Eye (Bonus Track) - 3:32


◆プロデュース: Clayton Ivey(k, vibe), Terry Woodford

◆参加ミュージシャン: Robert Byrne(vo, g), Brandon Barnes(k, b, ds, bv)
with John Willis(g), Randy McCormick(k), Lenny LeBlanc(b), Roger Clark(ds), Jim Horn(sax), Hershey Reeves(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/05/08 16:02 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/343-f873b2a0
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Peter Allen / Not The Boy Next Door 2017/08/22
Rock名盤(1980年) - Paul Simon / One Trick Pony 2017/08/20
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター