音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Marc Jordanの1978年のアルバム『Mannequin / マネキン』。
Marc Jordan / Mannequin (1978年)
Marc Jordanは、ニューヨーク生まれのカナダ人シンガー・ソングライター。セッション・ミュージシャンやソングライターとして活動しながらソロ・アルバムもコンスタントに制作しており、特に最初の2枚のアルバムはAORの名盤として高い人気と評価を得ている。

本作はファースト・アルバムで、Steely Danの一連のアルバムのプロデュースを手掛けたことで知られるGary Katzがプロデュースを担当した。なお、79年のセカンド・アルバム『Blue Desert』では、当時勢いのあったJay Graydonがプロデュースを担当している。

Steely Danの名作『Aja / 彩(エイジャ)』の翌年ということもあって、このアルバムにはDonald Fagenを始めとする "Aja参加ミュージシャン" が多く集まった。他にもDavid FosterやTOTOのメンバー、J.D. SoutherやTimothy B. Schmitなど、AORやウェスト・コースト・サウンドを牽引した面々がこぞって参加している。デビュー・アルバムにして、これだけの豪華な顔ぶれは珍しい。

「Survival」の乾いたギターはLarry Carltonかな? どっしりした硬質なドラムスはHarvey Masonだろう。
「Jungle Choir」のクールなシンセはDonald Fagen、グルーヴ感満点のドラムスはJeff Porcaroだな。
「Mystery Man」の艶やかなギターはLarry Carlton、いやDean Parksだろうか? もしかしてJay Graydon?
…などと勝手に想像しながら聴くのは本当に楽しい。

全曲がMarc Jordanの作。ロック、ポップス、ジャズなど、曲によって表情を変えながら、洒落たメロディと上品な演奏を楽しむことができる。どの曲も、聴いていて心地よいことこの上なし。

「Only Fools」などは、Steely Danのアルバムに入っていそうなクールな雰囲気。また、「Marina Del Ray」のようなトロピカルな避暑地ポップスもMarc Jordanらしい。この曲は、カナダのAC(Adult Contemporary)チャートでは23位をマークした。

Marc Jordanの歌い方はどこかぶっきらぼうでラフな感じだが、バックのきちんとした演奏と不思議と合う。

Marc Jordanのソング・ライティングのセンスが光る名盤。2016年4月にワーナーの「新・名盤探検隊」シリーズから、最新のデジタル・リマスタリングでCDが再発されている。

●収録曲
1. Survival - 3:40
2. Jungle Choir - 3:00
3. Mystery Man - 4:08
4. Marina Del Ray - 3:11
5. Red Desert - 4:45
6. Street Life - 4:24
7. Dancing On The Boardwalk - 3:54
8. Only Fools - 3:50
9. On Step Ahead Of The Blues / ブルースの一歩先 - 2:58
10. Lost Because You Can't Be Found / 愛はこれから - 2:42


◆プロデュース: Gary Katz

◆参加ミュージシャン: Donald Fagen/David Foster/David Paich(k), Larry Carlton/Dean Parks/Steve Lukather(g), Chuck Rainey(b), Jeff Porcaro/Harvey Mason(ds), Tom Scott(sax), J.D. Souther/Timothy B. Schmit/Brenda Russell(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/05/11 17:14 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(2)
コメント
大好きなアーチストです
おはようございます。
マーク・ジョーダンの初期2枚のアルバムは未だに私の愛聴盤となってます。①「Survival」なんかは最初聴いたとき、感動しました。演奏もグルーヴィーだし。個人的にはフォーキーな③「Mystery Man」が大好き。デイン・ドナヒューにも通じる楽曲ですね。このギターは私もラリーだと思います。
ただ本作、。マークは後に「ゲイリーのアルバムだ」と仰ったらしい。それくらいゲイリー・カッツの色が出すぎているかも。でもセカンドもジェイ・グレイドン色が濃いですが(笑)。
マークは後に松田聖子にも楽曲提供してましたね~。
2017/05/13 08:25 240 URL [ 編集 ]
Re: 大好きなアーチストです
240さん、こんにちは。

『マネキン』派の人、多いですね~。この2枚は甲乙つけがたい良さがありますね。
SSWのマーク・ジョーダンを楽しむなら『マネキン』。Jay GraydonアレンジのAORサウンドを楽しむなら『ブルー・デザート」という感じでしょうか。

> マークは後に松田聖子にも楽曲提供してましたね~。
そうなんですね~。知りませんでした。
ネットで調べたら、「ガラスの林檎」「瞳はダイアモンド」「赤いスイートピー」などの英詩も担当したようですね。
2017/05/13 11:10 Warm Breeze URL













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/346-2df9c9b7
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター