音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Michael Sembelloの1983年のアルバム『Bossa Nova Hotel』。
Michael Sembello / Bossa Nova Hotel (1983年)
Michael Sembelloはセッション・プレイヤーやソングライターとして70年代中盤から活動する多才なミュージシャン。Stevie Wonderの74年のアルバム『Fulfillingness' First Finale』や76年の『Songs in the Key of Life』などの名盤にギタリストやソングライターとして貢献した他、様々なジャンルのアーティストの活動をサポートしている。

ソロ・アルバムは5枚ほどを制作しており、本作は彼のデビュー・アルバム。
同年に公開された映画『Flashdance』で使われ、Billboard Hot 100チャートの1位を記録した「Maniac」が収録されている。

本作のプロデュースは、Billy JoelやPaul Simonのアルバムのプロデュースで知られるPhil Ramoneが担当した。全ての曲作りをMichael Sembelloが手掛けているが、一部ではDavid Batteauや弟のDanny Sembello等と共作している。

Michael Sembelloは器用なマルチ・プレイヤーであり、本作ではギターを中心に複数の楽器を担当した。歌の力量もかなりのもので、全曲でハリのある魅力的な歌声を披露している。ちなみに弟のDannyは兄より9歳も年下。兄と同じくマルチ・プレイヤー兼ソングライターとして活動しており、本作ではキーボードを担当した。

大ヒットした「Maniac」がそうだが、憂いのある優れたメロディがこの人の作る曲の魅力。ほのかに感じられる異国的な情緒も良い。「First Time」「It's Over」「Talk」「Lay Back」などのスロー系はもとより、ポップでダンサブルな曲にもメロディが陰りを帯びる瞬間があり、そこに惹かれる。

「Maniac」の他には、ポップな「Automatic Man」がチャートの34位をマーク。また、Cruz Sembelloとデュエットしたバラードの「Talk」もACチャートの37位に到達した。Michaelは同年のMarilyn Scottのアルバム『Without Warning!』をプロデュースしており、そこでは「First Time」がカヴァーされている。

Michael Sembelloは『Flashdance』以外にも映画のサントラ向けに曲を書いていて、代表的なところでは、『Gremlins』(84年)、『Cocoon』(85年)、『Independence Day』(96年)などがある。本作に「Godzilla」や「Superman」という曲があるのも、彼のそうした指向の表れだろう。

●収録曲
1. Automatic Man - 4:13
2. First Time - 3:04
3. Cowboy - 3:35
4. It's Over - 4:56
5. Maniac - 4:18
6. Godzilla - 3:50
7. Talk - 3:26
8. Cadillac - 4:11
9. Lay Back - 4:02
10. Superman - 4:36


◆プロデュース: Phil Ramone

◆参加ミュージシャン: Michael Sembello(vo, g, k, b, string ar), Cruz Baca Sembello(vo), Danny Sembello(k, bv), George Duke/Don Freeman/Dennis Matkosky(k), Nathan Watts(b), Carlos Vega/Vinnie Colaiuta(ds), Paulinho Da Costa(per), Jerry Hey(tp), Lieza Miller(bv), etc.


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/05/15 16:36 AOR名盤(1983年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/352-0524ac87
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター