音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Linda Ronstadtの1989年のアルバム『Cry Like a Rainstorm, Howl Like the Wind』。
Linda Ronstadt / Cry Like a Rainstorm (1989年)
Linda Ronstadtは、60年代後半からのアメリカのポピュラー・ミュージック・シーンを牽引した女性シンガーの一人。ソロ・アルバムは1969年からリリースしており、フォーク~ポップス~ロックと時代にスタイルを合わせながら、ヒット・アルバムを次々に制作した。ところが80年代に入るとスタイルを一変。83年のアルバム『What's New』以降は、ポップス/ジャズ・スタンダードやカントリー・ミュージック、メキシコのトラディショナル・ソングに挑戦する。これが見事な内容で、一連のアルバムが全てヒットした。

本作は、Linda Ronstadtが80年代の最後に出した名盤。長らくコンテンポラリー・ミュージックから離れていた彼女が、久し振りにリリースしたコンテンポラリーな作品である。

選曲が素晴らしい。Jimmy Webb(1, 6, 8, 10)、Karla Bonoff(3, 7, 12)、Paul Carrack=Nick Lowe等の共作(4, 9)、Eric Kaz(2)、Barry Mann=Cynthia Weil=Tom Snowの共作(5)、Isaac Hayes等(11)というセレクション。またこのうちの4曲(3, 4, 5, 11)をAaron Nevilleとデュエットしており、よく見るとアルバムの名義も "featuring Aaron Neville" となっている。

原曲の収録アルバムは次のとおり。

○「Cry Like a Rainstorm」:『If You're Lonely』(Eric Justin Kaz, 72年)

○「All My Life」「Goodbye My Friend」:『New World』(Karla Bonoff, 88年)
○「Trouble Again」:『Restless Nights / ささやく夜』(Karla Bonoff, 79年)

○「I Need You」「So Right, So Wrong」:『Suburban Voodoo』(Paul Carrack, 82年)

○「Don't Know Much」:『Barry Mann』(Barry Mann, 80年)

○「Still Within The Sound Of My Voice」:『Still Within The Sound Of My Voice』(Glen Campbell, 87年)
○「Adios」:『Suspending Disbelief』(Jimmy Webb, 93年 ※セルフ・カヴァー)
○「I Keep It Hid」:『Jim Webb Sings Jim Webb / ジム・ウェッブの愛の世界』(Jimmy Webb, 68年)
○「Shattered」:『Still Within The Sound Of My Voice』(Jimmy Webb, 2013年 ※セルフ・カヴァー)

このうち「Don't Know Much」はBillboard Hot 100チャートの2位となる大ヒットを記録し、「All My Life」も11位をマーク。また、アルバムもBillboard 200チャートの7位を記録している。

どの曲も素晴らしいが、個人的には素材の良さが光るJimmy Webbの曲が好きだ。特に「Adios」は感動もの。スケールの大きいロマンティックな曲で、少年を大人にするような力がある。

●収録曲
1. Still Within The Sound Of My Voice / サウンド・オブ・マイ・ヴォイス - 4:32
2. Cry Like a Rainstorm - 3:36
3. All My Life - 3:36
4. I Need You - 2:52
5. Don't Know Much - 3:35
6. Adios - 3:36
7. Trouble Again - 3:19
8. I Keep It Hid - 3:58
9. So Right, So Wrong - 3:28
10. Shattered - 2:54
11. When Something Is Wrong with My Baby / 僕のベイビーに何か? - 3:52
12. Goodbye My Friend - 3:44


◆プロデュース: Peter Asher(per)

◆参加ミュージシャン: Aaron Neville(vo), Andrew Gold/Dean Parks/Michael Landau(g), Jimmy Webb(p, orch ar), Don Grolnick(p), Robbie Buchanan(k), Lee Sklar/David Hungate(b), Russ Kunkel/Carlos Vega(ds), Mike Fisher(per), Brian Wilson/Rosemary Butler/Arnold McCuller(bv), Marty Paich/David Campbell(orch ar), etc

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/05/16 19:46 AOR名盤(1984~1990年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/354-0325c42f
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Pops名盤(1979年) - Barry Manilow / One Voice 2017/07/25
Pops名盤(1976年) - Barry Manilow / This One's For You (想い出の中に) 2017/07/23
Rock名盤(1977年) - Phoebe Snow / Never Letting Go (薔薇の香り) 2017/07/21
Rock名盤(1980年) - Billy Joel / Glass Houses (グラス・ハウス) 2017/07/19
Soul/R&B名盤(1976年) - The Sons of Champlin / A Circle Filled With Love 2017/07/14
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター