音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Don Henleyの1984年作『Building the Perfect Beast』。
セピア色のジャケットが、いい雰囲気を出している。

The Eaglesを解散したDon Henleyのセカンド・アルバムである。
Don Henley、Danny Kortchmar、Greg Ladanyiの3人で共同プロデュースしており、ほとんどの曲を、Danny Kortchmarと共作している。

何と言っても、ビターなメロディの「The Boys of Summer」が良い。
"夏が終わった人影少ない砂浜で、ひとり物思いにふける" といった趣の、心に沁みるメロディだ。

この曲は、Tom Petty & The HeartbreakersのギタリストであるMike Campbellとの共作。
Billboard Hot 100チャートの5位のヒットを記録し、グラミー賞の「Best Male Rock Vocal Performance」を受賞した。

他には、ダンサブルな「All She Wants to Do Is Dance」が9位のヒット。
時流のデジタル・サウンドを使ったキャッチーなナンバーだ。
80's特有の雰囲気が懐かしい。

Eaglesの雄大なバラードを想わせる「Sunset Grill」もシングル・カットされ、22位に到達。
ミディアム・グルーヴの「Not Enough Love in the World」や「Drivin' With Your Eyes Closed」も、メロディが素晴らしい。

Don Henleyの声質の恩恵でもあるが、どの曲にもカラッと乾いた質感の良さがあり、それが魅力となっている。

「The Boys Of Summer」の "あの日を振り返るな。それは二度と戻らない。しがみ付くのは、もう止めよう…" という歌詞は、『Hotel Carifornia』で歌われた想いに対するDon Henleyの答えのようでもある。

●収録曲
1. The Boys of Summer - 4:45
2. You Can't Make Love - 3:34
3. Man With a Mission - 2:43
4. You're Not Drinking Enough - 4:40
5. Not Enough Love in the World - 3:54
6. Building the Perfect Beast - 4:59
7. All She Wants to Do Is Dance - 4:28
8. Sunset Grill - 6:22
9. Drivin' With Your Eyes Closed - 3:41
10. Land of the Living - 3:24


▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/05/15 19:46 Rock / Pops名盤(80年代) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/355-183f23c8
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター