音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Genesisの1983年の名作『Genesis』。

イギリスのプログレッシヴ・ロックを牽引してきたバンドだが、80年代に入ってからはプログレ色が薄れ、ポップで聴きやすいアルバムを作るようになる。

このアルバムもBillboardのアルバム・チャートの9位になり、シングル・カットされた「That's All」はシングル・チャートの6位になった。
セールス面で大成功を収めていた時期のアルバムだ。

私はこのアルバムのじめっとした暗さが大好きである。
ジャケットも、美しいが暗い。

1曲目の「Mama」は衝撃である。
Phil Collinsが「ママー、ママー」と絶叫し、「ハハッ、ハッ、オゥー」と不気味に唸る。
これ以上の気色悪さはないといった曲だが、メロディが良く、ドラム・マシーンの使い方にも凄みがあり、Genesisの中では最高の一曲だと思っている。

John Lennonのファースト・アルバム『PLASTIC ONO BAND』の荘厳な1曲目、「Mother」とつい比べてしまう。

何と、ファースト・シングルはこの「Mama」だが、さすがに大ヒットはしなかった。

続く「That's All」は大ヒットしたが、メロディやアレンジに何とも言えない陰がある。
曲の出だしが暗いというか…

他の曲もそんな感じ。
「Taking It All Too Hard」だけはPhil Collinsのソロ・アルバムに入れても良さそうなピュアなバラードだが、それ以外の曲には奇妙な暗さがあり、それがこのアルバムの最大の魅力である。

英国らしさというより、Genesisというバンド、あるいはPhil Collinsという人の本質的な暗さなのではないかと思う。(ソロ活動では考えられないが)

バンド名をアルバム・タイトルにしており、彼らとしても相当の自身作なのだろう。

●収録曲
1. Mama - 6:46
2. That's All - 4:22
3. Home by the Sea - 4:46
4. Second Home by the Sea - 6:22
5. Illegal Alien - 5:12
6. Taking It All Too Hard - 3:54
7. Just a Job to Do - 4:44
8. Silver Rainbow - 4:27
9. It's Gonna Get Better - 5:00


◆プロデュース: Genesis、Hugh Padgham

◆メンバー: Tony Banks(k)、Mike Rutherford(g, b)、Phil Collins(ds)

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/05/17 19:39 Progressive Rock TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/357-1943bef3
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター