音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Sergio Mendesの1983年のアルバム『Sergio Mendes』。
Sergio Mendes / Sergio Mendes (1983年)
Sergio Mendesはブラジル出身のミュージシャン。50年代から音楽活動を始め、60年代にはSergio Mendes & Brasil '66を率いてボサノヴァ・ブームを牽引し、「Mas Que Nada」などのヒット曲を生んだ。ブームの去った70年代もコンスタントに作品を出し続けるが、チャートからは疎遠になる。

そのSergio Mendesを復活させたのは、コンテンポラリー路線を明確に打ち出した本作であり、名バラード「Never Gonna Let You Go / 愛をもう一度」のシングル・ヒットである。

「愛をもう一度」は、Barry MannとCynthia Weilの共作。Joe PizzuloとLeza Millerが素晴らしいデュエットを聴かせるこの曲は、Billboard Hot 100チャートの4位となる大ヒットを記録した。前年のDionne Warwickのアルバム『Friends In Love』や、Stevie Woodsのアルバム『The Woman in My Life』にも収録されているが、Sergio Mendesがこの名曲をヒットさせた。

続く「My Summer Love」は、クラップ(手拍子)が印象的な夏らしい爽やかなナンバー。この曲ではMichael Sembelloが女性シンガーのGracinha Leporaceと歌っている。GracinhaはSergio Mendesの奥様だ。

David Batteau等が提供した「Rainbow's End / 虹を求めて」も曲名のごとく爽やかなAOR。シングル・カットされ、Billboard Hot 100チャートの52位、ACチャートの6位をマークした。爽やかな歌声の男性シンガーはDan Sembello。Michael Sembelloの弟である。

Sembello兄弟はダンサブルでおしゃれなインスト曲「Dream Hunter」も提供。この曲は、David Sanbornの81年のアルバム『As We Speak』に収録されている「Port of Call」の改作である。

女性シンガーLeza Millerのキュートな歌声は、「Love Is Waiting」と「Life In The Movies」でも聴くことができる。「Love Is Waiting」はDavid Batteau等、「Life In The Movies」はMichael Sembello等の作。どちらもメロディがポップでキャッチー。気持ちの良いナンバーだ。

「Carnaval / 恋のカーニヴァル」の陽気なサンバのリズムを聴くと、ブラジルの空気が香る心地がする。スタイリッシュで洗練された曲が並ぶ中ではちょっと異色だが、とても良いアクセントになっている。

●収録曲
1. VooDoo - 3:55
2. Never Gonna Let You Go / 愛をもう一度 - 4:15
3. My Summer Love - 4:00
4. Carnaval / 恋のカーニヴァル - 3:50
5. Rainbow's End / 虹を求めて - 4:03
6. Love Is Waiting - 3:47
7. Dream Hunter - 3:02
8. Life In The Movies - 3:52
9. Si Senor - 3:46


◆プロデュース: Sergio Mendes(k, per, ar)

◆参加ミュージシャン: Joe Pizzulo/Leza Miller/Carol Rogers/Dan Sembello(vo), Michael Sembello(vo, g, ar), Michael Landau/Paul Jackson Jr.(g), Robbie Buchanan/Don Freeman(k, ar), Nathan Watts(b, ar), Nathan East/Louis Johnson(b), John Robinson/Teo Lima/Carlos Vega/Vinnie Colaiuta(ds), Steve Forman(per), Ernie Watts(sax), Jerry Hey(tp), Geoff Leib(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/06/10 18:18 AOR名盤(1983年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/384-ce1cead8
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Pops名盤(1979年) - Barry Manilow / One Voice 2017/07/25
Pops名盤(1976年) - Barry Manilow / This One's For You (想い出の中に) 2017/07/23
Rock名盤(1977年) - Phoebe Snow / Never Letting Go (薔薇の香り) 2017/07/21
Rock名盤(1980年) - Billy Joel / Glass Houses (グラス・ハウス) 2017/07/19
Soul/R&B名盤(1976年) - The Sons of Champlin / A Circle Filled With Love 2017/07/14
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター