音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Nigel Olssonの1980年のアルバム『Changing Tides』。
Nigel Olsson / Changing Tides (1980年)
Nigel Olssonはイングランド出身のロック・ドラマー。1967年にデビューし、70年からはElton Johnのバンドで活躍している。ソロ活動も並行して行い、最初のソロ作は71年の『Nigel Olsson's Drum Orchestra And Chorus』。内容はインスト・アルバムだが、その後は自ら歌うヴォーカル・アルバムを作っている。

本作『Changing Tides』は5作目。ただし、79年の前作『』の内容が78年の『Niegel Olsson』と3曲しか違わないため、実質的には本作が4枚目のソロ・アルバムと言って良いだろう。

収録曲はカヴァー曲と他のライターの曲で構成されており、選曲がなかなか良い。

爽やかな「Only A Matter Of Time」はEngland Dan & John Ford Coleyの79年のアルバム『Dr. Heckle and Mr. Jive』の収録曲。

美しいバラードの「Should We Carry On」はDavid Foster夫妻とJay Graydonの共作。同年のAirplayのアルバム『Airplay / ロマンティック』の収録曲で、オリジナルではGraydonが歌っている。

ポップな「Trapeze」は、Tony Sciutoの同年のアルバム『Island Nights』の収録曲。「Showdown」もTony Sciutoの作で、Tony自身は99年のアルバム『Be My Radio』でセルフ・カヴァーしている。

ラストの甘美なバラード「If This Is Love」はKerry ChaterとRobbie Pattonの共作。Melissa Manchesterも同年のアルバム『』で歌い、ACチャートでは19位を記録している。

なお、スペシャル・ゲストとしてElton Johnが参加し、「Showdown」でピアノを弾いている。Elton Johnの同じバンド・メンバーであるDee Murrayもゲスト参加し、「Saturday Night」と「Showdown」のベースを担当した。

Nigel Olssonは決して器用なシンガーではないと思うが、歌心がある。「Should We Carry On」などは、緻密にアレンジされたAirplayのオリジナルよりも、Nigelの歌うバージョンの方が曲の本来の良さを伝えている。あるいは、Fosterが「バラードを叩かせたらピカイチ」と絶賛したというNigelのドラム・プレイにそのような力があるのかも知れない。

●収録曲
1. Saturday Night - 3:18
2. Fool Me Again - 3:23
3. Only A Matter Of Time - 3:10
4. If You Don't Want Me To - 3:33
5. That's How Long - 3:33
6. Showdown - 3:42
7. Should We Carry On - 4:00
8. Trapeze - 3:15
9. If This Is Love - 3:53


◆プロデュース: James Stroud(per), Ed Seay

◆参加ミュージシャン: Nigel Olsson(vo, ds, per), Elton John(p), Richie Zito/Kenny Mims(g), Dee Murray/Don Barrett(b), Russell Ferrante(k), Marilyn Scott(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/06/18 16:54 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(2)
コメント
AORの隠れたお宝物アーティストが続々登場ですね!小生も国内では殆ど知られていないAORの知る人ぞ知る隠れたお宝物吟遊詩人を取り上げました。小生が大学生時代に夢中になったお気に入りのダンヒル「ふれあい」です!暖かみ潤いを持ったエモーショナルなバラードを歌い上げたアーティスト、実に素晴らしいですよ!
2017/06/18 19:19 ローリングウエスト URL
Re: タイトルなし
RWさん、こんばんは

「ふれあい」の記事、拝見しました。カナダの吟遊詩人、Dan Hill。私も「ふれあい」を収めたアルバム『Longer Fuse』のCDを持ってます。気持ちの入った熱い歌い方がいいですね。翌年(78年)にTina Turnerが「ふれあい」をカヴァーしてますね。これは本物(の名曲)だなぁ…という感じがします。
2017/06/18 23:22 Warm Breeze URL













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/389-dcb7ae0f
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター