音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

AORを代表するバンドであるTOTOの1978年のデビュー・アルバム『TOTO / 宇宙の騎士』。
AORを代表する1枚に挙げても良いし、TOTOの中で一枚を選ぶとしたらこのアルバムになる。

TOTOはプロのスタジオ・ミュージシャンが集まって結成したバンドである。
Boz Scaggsの1976年作『Silk Degrees』への参加がきっかけになり、1977年にバンドを結成した。
6名のメンバーのうち、Bobby Kimball(vo)とDavid Hungate(b)を除く4人は少年期からの友達だ。

メンバーの多くがヴォーカルを担当することができるので、ヴォーカルは表情豊か。
メイン・ヴォーカリストであるBobby Kimballが4曲を歌い、残りはDavid Paich(k)が2曲、Steve Lukather(g)が1曲、Steve Porcaro(k)が1曲を歌っている。
またラストの「Angela」では、LukatherとPaichの2人がヴォーカルを分け合った。

楽曲提供の中心はPaichであり、10曲のうち8曲を提供。
残りは、Kimballが「You Are the Flower」を、Steve Porcaroが「Takin' It Back」を書いている。
2曲ともソウルフルで美しいナンバーであり、Paichの書いた曲とは違う彩りを添えている。

「Child's Anthem」はインストゥルメンタル・ナンバー。
デビュー・アルバムの1曲目にインスト曲を使うところがTOTOらしさである。
「自分たちは演奏によって表現するのだ」という主張のように思える。

構成力は見事で、「I'll Supply the Love」や「Takin' It Back」のラストや、「Angela」の途中で見せるドラマティックな展開は、演奏力の賜物とはいえ、素晴らしい。

アルバムはBillboard 200チャートの9位となり、デビュー・アルバムにしてトップ10入りを果たした。
シングルは、「Hold the Line」がBillboard Hot 100チャートの5位を記録。
続く「I'll Supply the Love」は45位、「Georgy Porgy」は48位であった。
「Georgy Porgy」には同年にデビューするCheryl Lynnが参加し、パンチのあるバック・ヴォーカルを聴かせている。

このアルバムは、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズの第2弾として8月17日にCDが再発された。
2004年のリマスタリング。解説は中田利樹氏である。

いま改めて聴くと、TOTOの個性とも言える演奏力を支えているのは、グルーヴ感抜群で表情豊かなJeff Porcaroのドラムスであることを再認識する。
6分を超えるハード・チューン「Girl Goodbye」も、Jeffのドラムスが生み出す抜群のグルーヴが無ければ成り立たない。

だが、TOTOはJeffが他界した1992年以降も、今に至るまで活動を続けている。
Jeffを失ってからの活動期間の方がもはや長い。

同じように唯一無二のドラマーを亡くして解散したLed Zeppelinと対照的だ。
TOTOが尊敬を集め、リスナーを魅了して止まないの大きな理由は、バンドのこの強い結束力にあるのかも知れない。

●収録曲 (括弧内はヴォーカル)
1. Child's Anthem / 子供の凱歌 - 2:46
2. I'll Supply the Love / 愛する君に (Kimball) - 3:46
3. Georgy Porgy (Lukather) - 4:09
4. Manuela Run (Paich) - 3:54
5. You Are the Flower (Kimball) - 4:11
6. Girl Goodbye (Kimball) - 6:13
7. Takin' It Back / ふりだしの恋 (Steve Porcaro) - 3:47
8. Rockmaker (Paich) - 3:19
9. Hold the Line (Kimball) - 3:56
10. Angela (Lukather and Paich) - 4:45


◆プロデュース: TOTO

◆参加ミュージシャン: Bobby Kimball(vo), Steve Lukather(g, vo), David Paich/Steve Porcaro(k, vo), David Hungate(b), Jeff Porcaro(ds)
with Cheryl Lynn(bv), Joe Porcaro/Lenny Castro(per), Marty Paich(strings), etc.

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/07/15 18:28 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/394-0ae4860c
カテゴリー一覧

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年作『Bobby Caldwell

お気に入りに追加

ブロとも申請

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
ミュージックのお薦め
アクセスランキング
QRコード
QR
最新記事一覧
AOR名盤(1981年) - Paul Davis / Cool Night 2017/06/26
AOR名盤(1978年) - Kenny Loggins / Nightwatch 2017/06/25
AOR名盤(1981年) - James Taylor / Dad Loves His Work 2017/06/24
AOR名盤(1979年) - J.D. Souther / You're Only Lonely 2017/06/23
AOR名盤(1976年) - Ned Doheny / Hard Candy 2017/06/22
アクセスカウンター