音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Felix Cavaliereの1979年のアルバム『Castles In The Air』。
Felix Cavaliere / Castles In The Air (1979年)
Felix Cavaliereは元The Rascalsのキーボード奏者、ヴォーカリスト、ソングライターを務めた中核メンバー。The Rascalsは60年代後半から70年代初めにかけて活動したブルーアイド・ソウルの名グループで、「」などのヒットで知られる。

本作はFelix Cavaliereの3枚目のソロ・アルバムで、共作も含めて全曲がFelix Cavaliereの作。このうち「People Got To Be Free / 自由への讃歌」は、The Rascalsの69年のアルバム『』に収められた全米No.1ヒット曲のセルフ・カヴァーである。

Felix Cavaliereは優れたメロディ・メイカーだ。本作に収録されたどの曲もメロディが瑞々しく、ポップでキャッチー。

胸がキュンとするような甘酸っぱいメロディの「Only A Lonely Heart Sees / ロンリー・ハート」はシングル・カットされ、Billboard Hot 100チャートの36位を記録。他にも、「Good To Have Love Back / 愛が帰る時」や「Castles In The Air」、「Love Is The First Day Of Spring / 愛は春のはじめに」など、ポップな良曲が並ぶ。

ソウルフルで独特の浮遊感のあるヴォーカルも曲調に合っており、聴いていて心地よい。参加ミュージシャンはJazz/Fusion系の一流どころで固められ、演奏もしっかりだ。The Rascalsで一緒に活動したEddieとDavidのBrigati兄弟もバック・ヴォーカルで参加している。

Felix Cavaliereはソロ活動では大きなヒットに恵まれなかった。また80年代にはソロ・アルバムを制作しておらず、次作『』がリリースされたのは94年である。寡作だが、今も活動を続けている。

このアルバムのCDは、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから2016年8月に再発されている。ブルーアイド・ソウル好きにお薦めだ。

●収録曲
1. Good To Have Love Back / 愛が帰る時 - 3:53
2. Only A Lonely Heart Sees / ロンリー・ハート - 3:50
3. All Or Nothing - 3:21
4. Castles In The Air - 3:34
5. People Got To Be Free / 自由への讃歌 - 3:44
6. Dancin' The Night Away - 4:14
7. Love Is The First Day Of Spring / 愛は春のはじめに - 4:23
8. Outside Your Window - 3:13
9. Don't Hold Back Your Love - 4:09
10. You Turned Me Around - 4:28


◆プロデュース: Felix Cavaliere(vo, k), Cengiz Yaltkaya

◆参加ミュージシャン: Buzzy Feiten/Hiram Bullock/Steve Khan/Vinnie Cusano(g), Will Lee/Marcus Miller(b), Steve Jordan(ds), Randy Brecker(Flugel Horn), David Lasley/Luther Vandross/Eddie Brigati/David Brigati(bv), etc

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/07/23 20:10 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(2)
コメント
はじめまして
フェリックス・キャヴァリエのこのアルバム、味わい深いですよね。彼のファルセットヴォイスが心地いいです。
AOR1000シリーズといい、こうした名盤が安く買えるって、いい時代になったものですね。
ブログも拝見しましたが、私とかなり趣味嗜好が似ているような気がします。引き続きよろしくお願い申し上げます。
2016/09/22 07:51 240 URL [ 編集 ]
Re: はじめまして
> フェリックス・キャヴァリエのこのアルバム、味わい深いですよね。彼のファルセットヴォイスが心地いいです。
> AOR1000シリーズといい、こうした名盤が安く買えるって、いい時代になったものですね。
> ブログも拝見しましたが、私とかなり趣味嗜好が似ているような気がします。引き続きよろしくお願い申し上げます。

丁寧なコメントありがとうございます。

私も240さんのブログを拝見しました。
Vinnie CusanoはKISSのヴィニー・ヴィンセントだったんですね! 新たな発見がありました。
こういう気づきがあると、また聴くのが楽しくなります。

こちらこそ、よろしくお願いします。
2016/09/22 10:40 Warm Breeze URL













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/399-9a066876
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Rock名盤(1976年) - Barry Manilow / This One's For You (想い出の中に) 2017/07/23
Rock名盤(1977年) - Phoebe Snow / Never Letting Go (薔薇の香り) 2017/07/21
Rock名盤(1980年) - Billy Joel / Glass Houses (グラス・ハウス) 2017/07/19
Soul/R&B名盤(1976年) - The Sons of Champlin / A Circle Filled With Love 2017/07/14
Soul/R&B名盤(1985年) - Sade / Promise 2017/07/12
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター