音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Christopher Crossの1983年作『Another Page』。
Christopher Cross / Another Page
"南から来た男" こと、Christopher Crossは、AORシーンを中心に活動するアメリカのシンガー・ソングライター。

「南から来た男」とは、1980年のデビュー・アルバム『Christopher Cross / 南から来た男』の邦題だ。
このデビュー作は、「Sailing」(全米1位)、「Ride Like the Wind / 風立ちぬ」(同2位)という2曲のTop10ヒットを生んだ他、グラミー賞も5部門を受賞するなど、AOR史上、最も華々しい成果をあげたアルバムの1つである。

本作『Another Page』は、Christopher Crossのセカンド・アルバム。
ジャケットに大きく描かれたピンクのフラミンゴが印象的だ。(目つきがちょっと怖い…)
このフラミンゴは前作のジャケットにも描かれている。

プロデュースは、前作に続いてMichael Omartianが担当した。
前作よりもアップ・テンポの曲が減り、メロディの良さとChristopher Crossの美声をじっくり聴かせるタイプの曲が揃っている。

Christopher Crossの透明度の高いハイトーン・ヴォイスは、それ自体が上質な楽器のようなもの。
天与の歌声があるからこそ、このようなアルバム制作ができたのだろう。

ゲスト・ミュージシャンを曲ごとに変えて起用しており、特にバック・ヴォーカリストは豪華。
Michael McDonaldが「No Time for Talk」と「All Right」を、Carl Wilsonが「Baby Says No」を、Don HenleyとJ.D. Southerが「Deal 'Em Again」と「Nature of the Game」を、Art Garfunkelが「Talking in My Sleep」を各々担当し、Christopher Crossの美しいヴォーカルを引き立てている。
また、「What Am I Supposed to Believe / 愛に迷って」では、Christopher CrossとKarla Bonoffの甘く爽やかなデュエットを聴くことができる。

ギター・ソロについては、Jay Graydonが「Deal 'Em Again」を、Steve Lukatherが「All Right」を担当。
また、ラストの「Words of Wisdom / 英知の言葉」では、Christopher Cross自らがソロを弾いている。
伸び伸びとしたエモーショナルなギターは、GraydonやLukatherよりも印象に残る素晴らしいものだ。

このアルバムは、Billboard 200チャートの11位をマークした。
シングルの方は、「All Right」がBillboard Pop Singlesチャートの12位、「No Time for Talk」が33位、「Think of Laura」が9位であった。
デビュー・アルバム程の華々しさはないが、十分な成果であり、何よりも曲・メロディのクオリティが高い。

本作は、ワーナーの「AOR BEST SELECTION 1300」シリーズの第2弾として、10月19日に高品質SHM-CDで再発された。
デビュー・アルバム『南から来た男』は9月21日に再発されている。

●収録曲
1. No Time for Talk / 悲しきメモリー - 4:22
2. Baby Says No / つれないベイビー - 6:04
3. What Am I Supposed to Believe / 愛に迷って - 4:22
4. Deal 'Em Again - 3:10
5. Think of Laura / 忘れじのローラ - 3:22
6. All Right - 4:18
7. Talking in My Sleep / 夢のささやき - 3:34
8. Nature of the Game / ゲームの規則 - 3:55
9. Long World / 見果てぬ世界 - 3:32
10. Words of Wisdom / 英知の言葉 - 5:52


◆プロデュース: Michael Omartian(vo, sy, k, per)

◆参加ミュージシャン: Christopher Cross(vo, g), Karla Bonoff(vo), Jay Graydon/Steve Lukather(g), Abraham Laboriel/Mike Porcaro/Andy Salmon(b), Steve Gadd/Jeff Porcaro/Tommy Taylor(ds), Tom Scott/Ernie Watts(sax), Assa Drori(sy), Paulinho Da Costa/Lenny Castro(per), Rob Meurer(sy, k, per), Don Henley/Art Garfunkel/Michael McDonald/J.D. Souther/Carl Wilson(bv)


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/09/21 18:50 AOR名盤(1983年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/424-2d2313ca
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター