音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Marcus Josephの1978年作『Things I Meant To Say / 伝えたかった言葉』。
Marcus Joseph / Things I Meant To Say (伝えたかった言葉)
本作は、アメリカのシンガー・ソングライターであるMarcus Josephの唯一のアルバム。
Joe Walshを彷彿とさせるいかつい顔だが、歌声は繊細で優しい。

本作のプロデュースはParker McGeeが担当した。
収録された10曲のうち6曲(1, 2, 4, 5, 7, 10)が自作曲、残りはカヴァー曲である。

自作曲のうち、2曲(1, 4)はプロデューサーのParker McGeeとの共作。
アコースティックな響きの中にParker McGeeらしい素朴さと温かさのある、優しいナンバーだ。

なお、2曲目の「Nice Guys / Runaway」は完全なオリジナルではなく、曲のフェード・アウトの部分がDel Shannonのヒット曲「Runnaway」になっている。
「Runnaway」は1961年にBillboard Hot 100チャートの1位を獲得した有名曲だ。

カヴァー曲のうち、仄かに哀愁を帯びた「I Don't Want To Get Over You」はRupert Holmesの曲。
Rupert Holmesの1976年のアルバム『Singles』に収録されている。

「Take Me There」は、Wavesというグループの1977年のアルバム『Waves』の収録曲。
程よい甘さがある爽やかなメロウ・チューンで、とても心地よい。

「Trapeze」はTony Sciuto作のロック・チューンで、Tony Sciutoも2年後のファースト・アルバム『Island Nights』でこの曲を歌っている。

タイトル曲の「Things I Meant To Say」は、ピアノとアコースティック・ギターの静かな音色に包まれて、Marcus Josephがしっとりと歌う静謐なナンバー。Simon & Garfunkelのような透明感があり、メロディの美しさでは本作ナンバー・ワンだろう。

ラストの「Isreal」も、タイトル曲のような静かな歌い出しだが、途中からBilly Joelの「イタリアン・レストランにて」のようなドラマティックな展開になる。

このアルバムは、ワーナーの「AOR BEST SELECTION 1300」シリーズから、9月21日に高品質SHM-CDで再発された。ブックレットには歌詞・対訳の他、金澤寿和氏が書き下ろした最新の解説が掲載されており、とても満足度が高い。同様のCD再発企画に、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズがあり、歌詞・対訳はないが、諸氏の解説付きで税抜き1,000円。どちらも素晴らしい企画である。

参考までに、本作CDのキャプチャ画像を以下に掲載する。
Marcus Joseph / Things I Meant To Say (フロント・カヴァー)Marcus Joseph / Things I Meant To Say (バック・カヴァー)
Marcus Joseph / Things I Meant To Say (帯)

●収録曲
1. Before The Night Is Over / 夜が終わる前に - 3:21
2. Nice Guys / Runaway - 3:52
3. I Don't Want To Get Over You / 忘れたくない - 3:04
4. One Of These Days - 3:30
5. Things I Meant To Say / 伝えたかった言葉 - 3:28
6. I've Got You Where I Want You - 2:54
7. Rock Me Baby - 2:54
8. Take Me There - 3:18
9. Trapeze - 2:51
10. Isreal - 5:56


◆プロデュース: Parker McGee(bv)

◆参加ミュージシャン: Marcus Joseph(vo, g), Marty Walsh/Steve Gibson(g), Steve Porcaro/Shane Keister(k), Mike Porcaro/Jack Williams(b), Ralph Humphrey/Larry Londin(ds), Dan Seals/Leslie & Kelly Bulkin(bv), etc.

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/09/27 19:48 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(2)
コメント
1978年・・、この頃はダンフォーゲルバーグなどは聴いていましたがMarcus Josephの名前は初めて聞きます。ジョーウィルシュに似ているのですか・・!是非とも聴いてみます。
2016/09/28 05:53 ローリングウエスト URL [ 編集 ]
お薦めですよ!
Marcus Josephのソロ・アルバムはこの1枚だけですので、あまり知られていないアーティストですね。
England Dan & John Ford ColeyやAmericaあたりのアコースティック系が好きな方には、お薦めです。

このアルバムの前にはDeardorff & Josephという男性デュオで1976年にアルバムを1枚出しており、Bob Welchの「Sentimental Lady」をカヴァーしています。

ローリングウエストさんも、イングランドダン&ジョンフォードコーリー「秋風の恋」、アメリカ「金色の髪の少女」、ボブ・ウエルチ「悲しい女」の記事を書かれてますので、きっと気に入ると思いますよ!
2016/09/28 06:50 Warm Breeze URL













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/429-a232f8b9
カテゴリー一覧

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年作『Bobby Caldwell

お気に入りに追加

ブロとも申請

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
ミュージックのお薦め
アクセスランキング
QRコード
QR
最新記事一覧
AOR名盤(1981年) - Paul Davis / Cool Night 2017/06/26
AOR名盤(1978年) - Kenny Loggins / Nightwatch 2017/06/25
AOR名盤(1981年) - James Taylor / Dad Loves His Work 2017/06/24
AOR名盤(1979年) - J.D. Souther / You're Only Lonely 2017/06/23
AOR名盤(1976年) - Ned Doheny / Hard Candy 2017/06/22
アクセスカウンター