音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Alessiの1982年作『Long Time Friends / そよ風にくちづけ』。
Alessi / Long Time Friends
Alessiは、Billy AlessiとBobby Alessiによる双子のポップ・ロック・デュオ。
ジャケットの写真を見ると分かるように、二人はとても美形である。
この時、二人は29歳だ。

本作は、Alessiの5枚目のアルバム。
前作までの4枚はA&Mレコードからのリリースだが、本作はQuincy Jonesの主宰するQwestレコードからの発売である。

本作のプロデュースは、当時絶好調であったChristopher Crossと、ワーナーの重役であるMichael Ostinが担当した。Christopher Crossにとって、初のプロデュース作品になるようだ。
また、Quincy Jones御大がエグゼクティヴ・プロデューサーを務めている。

収録曲は全て、Alessi兄弟による作品。
程よい甘さと切なさがあるメロディ、爽やかなサウンド、ハイトーンで繊細な美声。
Christopher Crossがプロデューサーであるせいか、作品全体の雰囲気は、どこか1980年の名盤『Christopher Cross / 南から来た男』に近いものがある。

Christopher Crossは演奏面でもギターとバック・ヴォーカルで全面協力。特に「Forever / 想いはとこしえに」では、Alessi兄弟と一緒に歌っており、一聴して分かる美声を添えている。

また、Alessi兄弟とPatti Austinがデュエットするバラード「What A Way To Go / 愛のゆくえ」も素晴らしい。哀愁漂う大人びたメロディのバラードで、Ernie WattsのSaxソロが切なく、ロマンティックに響く。

本作以降しばらく間が空くが、2000年からアルバム制作を再開し、現在も活動中。
なお1984年には、あの映画『Ghostbusters』のサウンド・トラックに、「Savin' the Day」という曲を提供しており、面白い。

このアルバムは、ワーナーの「AOR BEST SELECTION 1300」シリーズから、9月21日に高品質SHM-CDで再発された。歌詞・対訳に加えて中田利樹氏の詳しい解説も付いており、満足度の高いリイシューである。

●収録曲
1. Jagged Edge / 愛はいたずら - 3:30
2. You Got The Way - 3:05
3. As Far As I'm Concerned / 恋人たちのララバイ - 4:09
4. Rise Up - 3:33
5. I'm Gonna Tell Her Tonight / 今夜つたえて - 3:45
6. Put Away Your Love / そよ風にくちづけ - 3:34
7. What A Way To Go / 愛のゆくえ - 4:26
8. Still In Love - 4:19
9. How Long, How Much - 4:03
10. Forever / 想いはとこしえに - 3:49
11. Long Time Friends - 2:49


◆プロデュース: Christopher Cross(g, bv), Michael Ostin

◆参加ミュージシャン: Billy Alessi(vo, k), Bobby Alessi(vo)
with Larry Carlton/Eric Johnson/Steve Lukather(g), Rob Meurer/Michael Omartian/Robbie Buchanan(k), Neil Stubenhaus/Rascoe Beck(b), Jeff Porcaro/Tommy Taylor(ds), Lenny Castro(per), Victor Feldman(per, vib), Ernie Watts(sax), Tom Scott(lyricon), Jerry Hey(tp), Patti Austin(bv), etc.

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/09/28 18:17 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(2)
コメント
アレッシー大好きでした。周辺からはこんな軟弱音楽ばかり聴きやがってと揶揄されましたが・・(苦笑)
2016/09/30 06:02 ローリングウエスト URL [ 編集 ]
いいんです!
そうですよね。スイートで繊細な印象があるので、重厚好き硬派からは敬遠されてしまいますよね。実を言うと私も最初は抵抗があったのですが、今ではとても心地よく聴けてしまいます! それでいいんです!!
2016/09/30 10:46 Warm Breeze URL













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/430-659feb3b
カテゴリー一覧

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年作『Bobby Caldwell

お気に入りに追加

ブロとも申請

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
ミュージックのお薦め
アクセスランキング
QRコード
QR
最新記事一覧
AOR名盤(1979年) - J.D. Souther / You're Only Lonely 2017/06/23
AOR名盤(1976年) - Ned Doheny / Hard Candy 2017/06/22
AOR名盤(1979年) - Deniece Williams / When Love Comes Calling 2017/06/21
AOR名盤(1983年) - Paul Anka / Walk A Fine Line 2017/06/20
AOR名盤(1982年) - Dwayne Ford / Needless Freaking 2017/06/19
Amazon専用ストア
アクセスカウンター