音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Bruce Robertsの1977年作『Bruce Roberts』。
Bruce Roberts / Bruce Roberts
本作は、アメリカの名ソング・ライターであるBruce Robertsのファースト・アルバム。
優れたメロディ・メーカーとして知られており、特にしっとりとしたバラード系での評価が高い。
作詞家のCarole Bayer Sagerとの共作曲が多く、それらの曲は男女問わず、様々なシンガーに歌われている。

本作のプロデュースは、ベテラン・プロデューサーのTom Dowdが担当した。

収録された10曲のうち、The Beatlesの「This Boy」を除く全曲がBruce Robertsのオリジナルである。
そのうち6曲(2, 3, 5, 7, 9, 10)は、Carole Bayer Sagerとの共作曲だ。

本作の収録曲も多くのアーティストに歌われているので、主なもの(アーティスト名、収録アルバム、発売年)を一覧しよう。●を付した曲は、しっとりしたバラードである。
●「1. I Don't Break Easily」
Barbra Streisand: 『Songbird』(1978年)
Engelbert Humperdinck: 『Don't You Love Me Anymore? / この熱き腕の中に』(1981年)

○「2. Our Night」
Shaun Cassidy(ショーン・キャシディ): 『Under Wraps』(1978年)

●「3. I Don't Wanna Go」
The Moments: 『Moments With You』(1976年)
Samantha Sang: 『Emotion』(1978年)
Joey Travolta: 『Joey Travolta』(1978年)

●「4. I'd Rather Be Alone」
Helen Reddy: 『‎We'll Sing In The Sunshine』(1978年)
Debby Boone: 『Debby Boone』(1979年)

●「5. Starmaker」
Paul Anka: 『Listen To Your Heart』(1978年)
Judy Collins: 『‎Hard Times For Lovers』(1979年)

●「9. Steal Away Again」
Carole Bayer Sager: 『Carole Bayer Sager』(1977年)
Lisa Hartman: 『Hold On』(1979年)

●「10. I'm Comin' Home Again」
Carole Bayer Sager: 『... Too』(1978年)
Barry Manilow: 『Even Now / 愛と微笑の世界』(1978年)
Carmen McRae: 『I'm Coming Home Again』(1980年)

バラード系のメロディの美しさ、包容力、落ち着きには、本当に素晴らしいものがある。
多くのシンガーに「この曲を歌いたい」と痛切に思わせる魅力があるのだろう。

また、数あるビートルズの名曲から「This Boy」を選んだところがBruce Robertsらしい。
この曲の優しさ、繊細さ、寂しさを、Bruce Robertsの紡ぐメロディにも共通に見出すことができる。

このアルバムは、ワーナーの「AOR BEST SELECTION 1300」シリーズから、9月21日に高品質SHM-CDで再発された。ブックレットには歌詞・対訳に加えて、金澤寿和氏による最新の解説が掲載されており、満足度の高いリイシューである。

●収録曲
1. I Don't Break Easily - 3:08
2. Our Night - 3:48
3. I Don't Wanna Go - 4:05
4. I'd Rather Be Alone - 4:14
5. Starmaker - 3:51
6. This Boy - 3:56
7. Me And My Love - 3:18
8. The Car Song - 3:38
9. Steal Away Again - 3:48
10. I'm Comin' Home Again - 4:12


◆プロデュース: Tom Dowd

◆参加ミュージシャン: Bruce Roberts(vo, k), Steve Cropper/Ray Parker Jr./Fred Tackett(g), David Foster(k), Mike Porcaro/Ron Carter/Donald Dunn/Bob Gloub(b), Jeff Porcaro/Grady Tate(ds), Del Newman/David Campbell(strings ar), etc.


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/09/29 18:34 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/431-ed6b1a48
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1981年) - Niteflyte / Niteflyte II 2017/09/20
AOR名盤(1976年) - Silver / Silver (シルヴァー・ファースト) 2017/09/18
AOR名盤(1977年) - Fools Gold / Mr. Lucky 2017/09/15
AOR名盤(1978年) - Melissa Manchester / Don't Cry Out Loud 2017/09/13
AOR名盤(1980年) - Paul Davis / Paul Davis (パステル・メッセージ) 2017/09/11
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター