音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Playerの1978年作『Player / ベイビー・カム・バック』。
Player / Player (ベイビー・カム・バック)
Playerは、米ロサンゼルスで1976年に結成されたロック・バンド。リード・ヴォーカルとギターを担当するPeter Beckettが中心となり、メンバーを変えながら現在も活動している。
70年代、80年代、90年代に2枚ずつスタジオ・アルバムを残しているが、最新アルバムは2013年であり、アルバム制作に関しては寡作である。

本作は、Playerのデビュー・アルバム。
このアルバムから、Playerの代名詞となるヒット曲「Baby Come Back」が生まれた。

「Baby Come Back」は、AORを代表する名曲の1つでもある。
甘く切ないメロディとメロウなサウンド。爽やかなハーモニー。
一度聴いたら忘れないどころか、昔から知っているような心地になるキャッチーな曲だ。
哀愁漂うエンディングのギター・ソロも、格別の味わいがある。

この曲はファースト・シングルとなり、Billboard Hot 100チャートの1位となる大ヒットを記録した。
良い意味で、Playerと言えば「Baby Come Back」であり、この1曲により、Playerは長く語り継がれるバンドになった。

本作の収録曲は、彼らのオリジナルが8曲、外部のライターの曲が2曲(6, 10)というバランス。
オリジナルの8曲のうち、8と9の2曲は、Olivia Newton-Johnの1981年の大ヒット「Physical」の作者として知られるSteve Kipnerとの共作だ。
Steve KipnerとPeter Beckettは親交があり、Playerの結成前に、Skybandというバンドで活動していた。

また、本作からのセカンド・シングルは、爽やかな「This Time I'm In It for Love」。
こちらもBillboard Hot 100チャートの10位をマークし、2曲目のTop 10ヒットとなった。

Playerの1982年の4作目『Spies Of Life』も、AORシーンでは人気が高い。こちらは、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから、今年の8月にCDが再発された。甘くほろ苦いメロディと爽やかなサウンドというPlayerの持ち味は残しつつ、80年代の洋楽の香りもするバランスの良いアルバムだ。

●収録曲
1. Come On Out - 3:43
2. Baby Come Back - 4:10
3. Goodbye (That's All I Ever Heard) - 3:44
4. Melanie - 3:39
5. Every Which Way - 3:34
6. This Time I'm In It for Love - 4:20
7. Love Is Where You Find It - 4:00
8. Movin' Up - 2:50
9. Cancellation - 4:07
10. Trying To Write a Hit Song - 4:36


◆プロデュース: Dennis Lambert, Brian Porter

◆参加ミュージシャン: Peter Beckett(vo, g), J.C. Crowley(k, g, vo), Wayne Cook(k), Ronn Moss(b, vo), John Friesen(ds)
with Jay Lewis(g), Michael Omartian(k), Jim Horn(sax), etc.


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/10/26 19:34 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/443-42d9e8aa
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター