音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Lee Ritenourの1981年のアルバム『RIT』。
Lee Ritenour / RIT
本作は、Jazz/Fusionシーンを牽引するギタリストの1人であるLee Ritenourのヴォーカル・アルバムである。

最初の4曲がヴォーカル曲になっており、それらではEric Taggがリード・シンガーに抜擢された。当時あまり知られていなかった実力派シンガー・ソングライターのEric Taggは、本作の成功により、その名を広く知られることになる。

1曲目「Mr. Briefcase」は、作詞・作曲ともにEric Tagg。
2曲目「(Just) Tell Me Pretty Lies」と3曲目「No Sympathy」は、作詞がEric Taggで作曲はLee Ritenour。
4曲目「Is It You?」は、作詞がEric TaggとBill Champlin、作曲がLee Ritenourとなっている。

爽やかで、クール&スウィートなこの4曲は、AORの王道を行くメロディとサウンド。ほのかな湿度を感じるEric Taggの温かいヴォーカルとの相性もバッチリだ。

残りはギター・インスト曲で、「(You Caught Me) Smilin'」を除いてLee Ritenourの作。この「Smilin'」は、Sly & The Family Stoneの1971年の名盤『There's A Riot Goin' On / 暴動』の収録曲である。意外な選曲だが、Bill Champlinのファンキーでノリノリなバック・ヴォーカルがハマっている。

曲によってプロデューサーが異なり、Lee Ritenour以外にHarvey Mason(ds)とDavid Foster(k)もプロデュースを担当。また、殆どの曲でHarvey Masonがドラムスを叩いているが、1, 7の2曲ではTOTOのJeff Porcaroが起用された。

「Is It You?」は、Billboard Pop Singlesチャートにおいて15位をマークするヒットを記録。アルバムもBillboard 200チャートの26位となり、Lee Ritenourのアルバムの中では断トツに売れた。

ポップ・オリエンテッドな本作の成功を受け、Lee Ritenourは続編となる『RIT/2』を制作し、82年にリリース。ここでもEric Taggのヴォーカルをフィーチャし、84年の『Banded Together』まで、この流れが続く。

夕暮れ時を思わせるオレンジのカヴァー・アートが美しく、夕焼けを見るとこのアルバムを聴きたくなる。

●収録曲
1. Mr. Briefcase - 3:20
2. (Just) Tell Me Pretty Lies - 4:13
3. No Sympathy - 4:43
4. Is It You? - 4:25
5. Dreamwalk - 1:43
6. Countdown (Captain Fingers) - 4:21
7. Good Question - 3:41
8. (You Caught Me) Smilin' - 4:08
9. On The Slow Glide - 4:10
10. No Sympathy (Reprise) - 1:56


◆プロデュース: Lee Ritenour(g), Harvey Mason(ds, per), David Foster(k)

◆参加ミュージシャン: Eric Tagg(vo), Don Grusin/Greg Phillinganes/Greg Mathieson/Richard Tee(k), Abraham Laboriel/Louis Johnson/David Hungate/John Pierce(b), Jeff Porcaro/Alex Acuna(ds), Paulinho Da Costa/Steve Forman(per), Jerry Hey(tp), Bill Champlin(bv), etc

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/10/31 17:43 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(3)
コメント
このアルバムはたしか…
このアルバムは2014年にワーナーのJazz/Fusion1000シリーズ中に入っていて、1080円で再発してました。他に、Rit2も再発されたはず。
参考程度にどうぞ。
2017/04/03 15:34 ゆういち URL
Re: このアルバムはたしか…
ゆういちさん、こんにちは。

その通りですね。「AORの名盤 330選」の情報が古いので、アップデートしておきます。
ありがとうございます!
2017/04/03 16:31 Warm Breeze URL
Re:Warm Breeze さん
わざわざ返信ありがとうございます。
自分はAORが好きな中学生です。
よろしくお願いします。
2017/04/04 11:49 ゆういち URL













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/446-2a6f773c
カテゴリー一覧

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年作『Bobby Caldwell

お気に入りに追加

ブロとも申請

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
ミュージックのお薦め
アクセスランキング
QRコード
QR
最新記事一覧
AOR名盤(1976年) - Ned Doheny / Hard Candy 2017/06/22
AOR名盤(1979年) - Deniece Williams / When Love Comes Calling 2017/06/21
AOR名盤(1983年) - Paul Anka / Walk A Fine Line 2017/06/20
AOR名盤(1982年) - Dwayne Ford / Needless Freaking 2017/06/19
AOR名盤(1980年) - Nigel Olsson / Changing Tides 2017/06/18
Amazon専用ストア
アクセスカウンター