音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Peter Allenの1980年作『Bi-Coastal』。
Peter Allen / Bi-Coastal
Peter Allenはオーストラリア出身のシンガー・ソングライター。
アーティストへの楽曲提供も行っており、有名なところでは、Olivia Newton-Johnの1974年のグラミー受賞曲「I Honestly Love You / 愛の告白」や、Melissa Manchesterの1976年のヒット曲「Don't Cry Out Loud」、あるいは1981年の映画『Author』でChristopher Crossが歌ったテーマ・ソング「Arthur's Theme (Best That You Can Do)」などがある。

Peter Allenの書くメロディはロマンティックだが、ただ甘いだけではなく、芯のある優しさと包容力がある。
「Don't Cry Out Loud」などが良い例だ。
幼少期に父親を亡くすという辛い経験が優しい歌を書かせるのかも知れない。

私生活では、Allenが23歳の1967年に女優のLiza Minnelliと結婚し、1974年まで結婚生活を送った。
離婚後、自分がゲイであることをカミングアウトしている(1992年に48歳で他界)。

本作は、Peter Allenの6枚目のアルバム。
プロデュースをDavid Fosterが手掛けており、Allenのロマンティックなメロディを華やかにコーディネートしている。当時のFosterプロデュース作品の中ではNo.1に挙げても良いくらい、曲、アレンジ、演奏とも見事なクオリティだ。

曲は全てオリジナルで、「Simon」以外は共作曲。
共作者は、Tom Keane&David Fosterと2曲(1, 3)、Carole Bayer Sager&David Fosterと2曲(2, 9)、David Lasleyと2曲(4, 7)、David Fosterと2曲(5, 10)、Dean Pitchfordと1曲(6)となっている。

Fosterらしい華やかなアレンジが光る「One Step Over The Borderline」「Fly Away」「Pass This Time」や、TOTOのようなロック・チューン「Hit In The Heart」も勿論良いが、やはりAllenの書く曲の優しさが沁み入るバラードに耳を奪われる。
本作では、David Lasleyと共作した2曲と「Simon」、そしてラストの「When This Love Affair Is Over」がバラード曲だ。

本作の収録曲は、他のアーティストも取り上げた。
2曲目の「Fly Away」は、竹内まりやの同年のアルバム『Love Songs』に書き下ろした曲にDavid Fosterが手を加えたもの。

David Lasleyと共作した「I Don't Go Shopping」は、Patti Labelleの同年のアルバム『Released』に収録され、もう1曲の「Somebody's Angel」も、Dionne Warwickの同年のアルバム『No Night So Long』に収録された。

本作の一押しは「Simon」。
サイモンという無二の親友から、「初めて愛した女性と結婚するために、駆け落ちした」という電話をもらったという内容だが、Allenがゲイであることを考えると、切ない。"Simon, Simon, ..." と優しく呼びかけるように歌うAllenの声が哀しい。
この曲は1968年に書かれており、当時の夫人だったLiza Minnelliが1969年のアルバム『Come Saturday Morning』で歌っている。どんな気持ちで歌ったのだろう?

●収録曲
1. One Step Over The Borderline - 3:54
2. Fly Away - 4:05
3. Bi-Coastal - 4:22
4. I Don't Go Shopping - 3:33
5. Hit In The Heart - 3:24
6. I Could Really Show You Around - 4:13
7. Somebody's Angel - 4:17
8. Simon - 3:25
9. Pass This Time - 4:00
10. When This Love Affair Is Over - 6:05


◆プロデュース: David Foster(k)

◆参加ミュージシャン: Peter Allen(vo, k), Steve Lukather/Jay Graydon/David Williams/Richie Zito(g), Tom Keane(k), Larry Williams(k, sax), Mike Porcaro(b), Jeff Porcaro/Carlos Vega/Ed Greene/Ralph Humphrey(ds), Paulinho Da Costa(per), Jerry Hey(tp), Richard Page/Steve George(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/11/02 18:48 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/448-0c5d851f
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1981年) - Niteflyte / Niteflyte II 2017/09/20
AOR名盤(1976年) - Silver / Silver (シルヴァー・ファースト) 2017/09/18
AOR名盤(1977年) - Fools Gold / Mr. Lucky 2017/09/15
AOR名盤(1978年) - Melissa Manchester / Don't Cry Out Loud 2017/09/13
AOR名盤(1980年) - Paul Davis / Paul Davis (パステル・メッセージ) 2017/09/11
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター