音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Nicole Willsの1983年作『Tell Me』。
Nicole Wills / Tell Me
本作は、女性シンガーNicole Willsの唯一のソロ・アルバム。
Nicole Willsに関する情報は少ないが、彼女に関するサイトと思われる http://www.nicolewills.com/ によると、80年代の初めにThe Johnny Average Bandというバンドのヴォーカリストを務めており、70年代にはその前身となるローカル・バンド、The Falconsで音楽活動をしていた。
The Johnny Average Bandは、1980年にアルバム『Some People』を1枚残している。また、リーダーのJohnny Averageは(当時の、かも知れないが、)彼女の夫である。

さて、本作『Tell Me』はアメリカでは売れなかったが、選曲の良さとNicole Willsのヴォーカルの美しさから、日本では人気のあるアルバム。収録曲は、AORやポップスの名曲からセンス良く選ばれている。

「Fallin」はLauren Wood作。1981年のアルバム『Cat Trick』に収録された名曲で、1990年の映画『プリティ・ウーマン』に使われて注目された。

「Some Guys Have All The Luck」は、The Persuadersの1974年のアルバム『Best Thing That Ever Happened To Me』の収録曲。Robert Palmer、Rod Stewart、Maxi Priest等のカヴァーもあり、Rod Stewartのカヴァーは、1984年にBillboard Hot 100チャートの10位を記録した。

「It Wouldn't Have Made Any Difference / 所詮は同じこと」は、Todd Rundgrenの1972年の名盤『Something / Anything? (ハロー・イッツ・ミー)』の収録曲。Todd Rundgrenらしい、繊細で甘酸っぱいメロディだ。

「Tenderness On The Block」は、Jackson BrowneとWarren Zevonが共作したアメリカン・ポップス。Warren Zevonの1978年のアルバム『Excitable Boy』に収録されている。

「What You Do To Me」は、John Hall作の軽快なロック・チューン。The John Hall Bandの1981年のアルバム『All Of The Above / 夢の部屋』の収録曲。

「Isn't It Always Love」はKarla Bonoff作で、1977年のデビュー・アルバム『Karla Bonoff』に収録された爽やかな曲。Nicole Willsの温かい声質と、ビブラートをほとんど使わない歌唱はKarla Bonoffと似ており、この曲もKarla Bonoff本人が歌っているように聴こえる。

ラストの「Never Take The Place Of You」は、NRBQの1980年のアルバム『Tiddlywinks』に収録された穏やかなナンバーである。

このアルバムは日本でしかCD化されていないが、CDにはボーナス・トラックが2曲収録されており、そのうちの1曲はThe Beatlesの「Hold Me Tight」。Beatlesの数ある名曲から「Hold Me Tight」を選ぶところが渋いが、これを実に元気一杯に歌っており、微笑ましい。

●収録曲
1. Fallin - 4:07
2. Tell Me How To Make You Love Me - 3:48
3. Some Guys Have All The Luck - 3:10
4. It Wouldn't Have Made Any Difference / 所詮は同じこと - 3:30
5. Tenderness On The Block - 3:03
6. What You Do To Me - 3:47
7. Isn't It Always Love - 3:23
8. Maybe - 4:12
9. It'll Be Me - 1:47
10. Never Take The Place Of You - 3:32


◆プロデュース: John Holbrook(g, k, per, ar)

◆参加ミュージシャン: Shane Fontayne(g), Murray Weinstock(k, ar), Leigh Fox(b), Mike Braun(ds, per), Arno Lucas/Wells Kelly(per), George Young(sax), John Hall/John Tray/Bob Leinbach/Ann Lang(bv)

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/11/14 18:36 AOR名盤(1983年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/457-9de5d276
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター