音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Rick Bowlesの1982年作『Free For The Evening』。
Rick Bowles / Free For The Evening
本作は、アメリカのシンガー・ソングライターであるRick Bowlesの唯一のアルバム。

Blame It On The Night / ワン・ナイト・ロマンス』と『An Eye for an Eye』というAORの人気作に関わった二人、Robert ByrneとBrandon Barnesがサポート・ミュージシャンとして参加したアルバムである。

特にRobert Byrneに関しては、Special Thanksに一人だけ名前が挙がっており、演奏以外でも大きな貢献をしたようだ。本作のメロディやサウンドに、どこかRobert Byrneの作品と共通する甘美な質感があるのは、そのせいだろう。
「Fool Again」、「So Far So Good」、「Mr. Right」あたりの極上のメロウネスは、まさにByrne & Barnesのものである。

その「So Far So Good」では、Rick, Robert, Brandonの3人による美しいバック・ヴォーカルを "The Velvetones" とクレジットしており、仲の良さがうかがえる。

ラストの「Dragon Suite」は、AOR系のアルバムには珍しく、9分を超える大作。
Prelude/Part I/Part II/Repriseという4部構成の組曲になっており、哀愁のあるメロディを丁寧につないで、最後まですっきりと聴かせる。

Steely Danなどのエンジニアとして知られるElliot Scheinerが本作のミキシングを担当しており、この曲も含めて、アルバム全体をすっきりした上品なサウンドに仕上げている。

Rick Bowlesには1984年のセカンド・アルバム『No Man's Land』もあり、こちらはRobert Byrneがプロデュースを担当。1984年ということもあり、80年代ど真ん中の洋楽らしさも香る素晴らしいアルバムである。

●収録曲
1. Too Good To Turn Back Now - 4:02
2. (Tonight I'll Be Your) Fool Again - 3:52
3. Your Loss - 4:34
4. Eagle And The North Wind - 3:58
5. So Far So Good - 4:25
6. Listen To Last - 4:25
7. Mr. Right - 4:03
8. Dragon Suite - 9:11


◆プロデュース: Ted Daryll(k, per)

◆参加ミュージシャン: Rick Bowles(vo, ag), Robert Byrne(g, bv), Nick Moroch(g), Tom Wolk(g, b), Richard Putnam(k, per), Andy Newmark/Bob Riley(ds), Brandon Barnes(ds, per, bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/11/20 19:01 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/463-152f1dae
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Pops名盤(1979年) - Barry Manilow / One Voice 2017/07/25
Pops名盤(1976年) - Barry Manilow / This One's For You (想い出の中に) 2017/07/23
Rock名盤(1977年) - Phoebe Snow / Never Letting Go (薔薇の香り) 2017/07/21
Rock名盤(1980年) - Billy Joel / Glass Houses (グラス・ハウス) 2017/07/19
Soul/R&B名盤(1976年) - The Sons of Champlin / A Circle Filled With Love 2017/07/14
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター