音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Chris Eatonの1986年の名作『Vision』。
Chris Eaton / Vision
Chris Eatonは、イングランド生まれのシンガー・ソングライター。主にCCM(Contemporary Christian Music)シーンで活動し、英国のベテラン・シンガーであるCliff Richardに多くの楽曲を提供した他、アメリカでもAmy Grantなどが彼の曲を歌っている。

寡作ではあるが自身のアルバムも4枚ほど出しており、本作がファースト・アルバムである。

収録曲は全てChris Eatonのオリジナル。
ドライヴ感溢れる爽快な曲が多くを占め、いわゆるメロディアス・ハードの傑作である。

Russ TaffやMichael Landau(g)、Carlos Vega(ds)、Tommy Funderburk(bv)あたりが参加していることから想像できるが、サウンドは分厚く、かなりハードな音を出している。

Chris Eatonのややハスキーな声質はJack Wagnerを思い出させるが、Jack Wagnerのような甘さはなく、その代わりにヨーロッパ的というか、どこか哀愁を感じる歌声だ。

タイトル曲の「Vision」は、本作参加のギタリストであるRuss Taffが1985年のアルバム『Medals』で取り上げ、歌詞を少々アレンジしたバージョンで歌った。
また、「Hold Back The Tears」に関しては、あのJanet Jacksonが1984年のアルバム『Dream Street』で歌っており(邦題は「涙をこらえて」)、ちょっと驚きだ。

ラストの清らかで美しい「It Was Love」を聴くまでは、CCMのアルバムであることすら意識しない。
いわゆる典型的なCCMソングがなく、ピュアな洋楽ロックとして楽しめるところも、このアルバムの良さだと思う。

メロディアスな楽曲と真冬の空気のように引き締まったサウンド、そしてChris Eatonの情熱的なヴォーカル。
寒い時期になると聴きたくなるアルバムである。

●収録曲
1. Vision - 4:07
2. Don't Underestimate My Love - 4:38
3. When My Heart Breaks - 5:04
4. Golden Rule - 4:31
5. Hold Back The Tears - 4:24
6. Love For The Common Man - 4:34
7. Talk To Me - 4:13
8. This Is For Real - 4:23
9. Don't Play Games - 4:40
10. It Was Love - 5:20


◆プロデュース: Brown Bannister, Jack Joseph Puig

◆参加ミュージシャン: Dann Huff/Paul Jackson Jr./Michael Landau/Phil Palmer(g), Robbie Buchanan/Rhett Lawrence/Larry Williams(k), Neil Stubenhaus/Nathan East/Pino Palladino(b), Paul Leim/Carlos Vega(ds), Lenny Castro(per), Mel Collins(sax), Tommy Funderburk/Tom Kelly/Mark Williamson/Don Snow(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/11/24 19:40 AOR名盤(1984~1990年) TB(0) CM(2)
コメント
クリストファークロスやクリスレアは知っていますがクリスイートンは初めて知りました。AOR
に造詣が深いですね~!
(PS)こちらはフリートウッドマックを公開いたしました~。趣味趣向が違うかな・・
2016/11/24 22:57 ローリングウエスト URL [ 編集 ]
フリートウッドマック、好きですよ~
ローリングウエストさん、こんにちは。

クリスイートンはマイナーですよね。硬派で情熱的なロック・シンガーという感じで、なかなか良いですよ。
RWさんは違うかも知れませんが、、、メロディアス・ハードやロマンティック・ハードが好きな方にお薦めです。

> (PS)こちらはフリートウッドマックを公開いたしました~。趣味趣向が違うかな・・
ブログ、拝見しました。
フリートウッドマック、好きですよ~。

特に、Stevie Nicksのワイルドな声と小悪魔的な魅惑には抗えません…
2016/11/25 10:49 Warm Breeze URL













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/467-a3e17d33
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1981年) - Niteflyte / Niteflyte II 2017/09/20
AOR名盤(1976年) - Silver / Silver (シルヴァー・ファースト) 2017/09/18
AOR名盤(1977年) - Fools Gold / Mr. Lucky 2017/09/15
AOR名盤(1978年) - Melissa Manchester / Don't Cry Out Loud 2017/09/13
AOR名盤(1980年) - Paul Davis / Paul Davis (パステル・メッセージ) 2017/09/11
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター