音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

White Heartの1982年作『White Heart』。
White Heart / White Heart
White Heartは、「CCM界のTOTO」の異名を持つ素晴らしいロック・バンド。
1982年に結成されて1997年まで活動し、その間に11枚ものスタジオ・アルバムを残している。
本作は、その記念すべきファースト・アルバムである。

バンドの創設メンバーは、Bill Smiley(k, g, vo), Mark Gersmehl(k, vo), Steve Green(vo), Dann Huff(g, vo), Gary Lunn(b), David Huff(ds, per)の6人。このうち、バンドの活動期間を通じて在籍した中心メンバーは、Bill SmileyとMark Gersmehlの2人である。

リード・シンガーのSteve Greenは、TOTOで言えばBobby Kimball。ちょっとウェットなハイ・トーンが、Bobby同様にとても魅力的だが、残念ながら本作のみでバンドを抜けてしまう。

Dann Huffは、様々なアルバムでその名前を見ることのできる名ギタリスト。
TOTOのSteve Lukatherと同様に、中音域の曲に関しては自らリード・ヴォーカルを取ることができ、本作でも1, 3, 7, 8の4曲でリード・ヴォーカルを担当した。

ドラムスのDavid Huffは、Dann Huffの弟。DannとDavidの兄弟は最初の2, 3枚でバンドを脱退し、Alan Pasqua(k)等と4人組のハードロック・バンド、Giantを1987年に結成する。David Huffは、現在もGiantで活動中である。

TOTOと比べられるのは彼らの本意ではないかも知れないが、アルバムの随所にそれっぽいところを見つけることができるので、TOTO好きには魅力的なアルバムだと思う。

例えば、「He's Returning」の見事なキメは、TOTOの『Hydra』収録の「St. George and the Dragon」そっくりだし、「Guiding Light」の終わりに聴くことのできるDann Huffのギター・ソロは、まるでLukatherみたい。また、「Nothing Can Take This Love」のキメも、どこかGeorgy Porgyを思わせる。

1984年のセカンド・アルバム『Vital Signs』も、ファースト同様のAOR路線とのこと(私は未聴)。日本のCOOL Soundから1998年にCD化されているが、現在は入手困難となっている。ただし、オンデマンド商品(CD-Rで製造)ならば、Amazonから入手可能である。

●収録曲
1. Hold On – 3:37
2. You're the One – 3:56
3. Listen to the Lonely – 3:47
4. He's Returning – 4:23
5. Carry On – 3:56
6. Guiding Light – 3:40
7. Everyday – 4:08
8. Nothing Can Take This Love – 3:40
9. Black Is White – 3:14
10. Go Down Ninevah – 4:30


◆プロデュース: Dann Huff(g, vo), Bill Smiley(k, g, vo)

◆参加ミュージシャン: Steve Green(vo), Mark Gersmehl(k, vo), Gary Lunn(b), David Huff(ds, per)
with Sandi Patti(vo), Michael W. Smith(p), Phil Naish(k), Mark Morris(per), Sam Levine(sax), Greg Guidry(bv)


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/11/28 18:59 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/470-122c48c4
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター