音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

The Keane Brothersの1979年作『Taking Off』。
The Keane Brothers / Taking Off
The Keane Brothersは、兄のTom、弟のJohnのKeane兄弟によるポップ・ソウル・デュオ。
Tomが12歳、Johnが11歳の1976年に、Dwayne Fordの書いた「Sherry」でシングル・デビューし、翌年にDavid Fosterプロデュースの下でデビュー・アルバム『The Keane Brothers』をリリースするという、とても恵まれた兄弟である。

本作は、彼らのセカンド・アルバム。
プロデューサーには前作のDavid Fosterに加えて、TOTOのDavid Paich、そしてモータウン・レコードの名ヒット・メーカーであるLamont Dozierを迎え、Foster & Paichのペアが2曲(1, 5)を、Lamont Dozierが残りをプロデュースするという、前作以上に恵まれたアルバムである。

本作にはカヴァー曲が3曲(2, 4, 8)ある。
「Dancin' In The Moonlight」は、King Harvestの1972年のアルバム『Dancing in the Moonlight』のタイトル曲で、Billboard Hot 100チャートの13位のヒットを記録したナンバー。

「Contract On Love」はLamont Dozier作で、Stevie Wonderの1966年のアルバム『Uptight』の収録曲。

そして、「I Wanna Be Where You Are / ボクはキミのマスコット」は、Michael Jacksonの1972年のソロ・デビュー作『Got To Be There』に収録された曲(Billboard Hot 100チャートの16位をマーク)。作者はDiana Rossの弟であるArthur Rossと、Leon Wareだ。

残り7曲については、Tom Keaneが2曲(3, 9)、David Paichが1曲(1)、Foster & Paichで1曲(5)、Lamont Dozierが2曲(6, 7)、Fred Rainが1曲(10)を書いた。

Foster & Paichプロデュースの曲は、Boz Scaggsの『Silk Degrees』あたりに収録されていても違和感のない、高揚感のあるダンサブルなナンバー。一方、Lamont Dozierがプロデュースした曲は、モータウン・サウンドのポップで柔らかな香りがする。

本作のベストを1曲挙げるならば、Tom Keane作の「You're Running Away」だろう。洗練度の高いシティ・ソウルで、メロディもリズムも洒落ている。Tomはまだ15歳。声にあどけなさが残るが、曲作りにおいては何とも成熟した15歳である。

ラスト・ナンバーの「Candy」もクラブ・クラシックとなっているようだ。
The SoftonesとFirst Classという2つのヴォーカル・グループが共演した同年のアルバム『Together』で、この曲がカヴァーされている。

●収録曲
1. Is Love Not Enough - 3:29
2. Dancin' In The Moonlight - 3:34
3. You're Running Away - 3:04
4. Contract On Love - 4:55
5. One Thing On My Mind - 3:27
6. Taking Off - 4:40
7. Pure Love - 3:18
8. I Wanna Be Where You Are / ボクはキミのマスコット - 3:26
9. Rain Or Shine - 3:32
10. Candy - 3:51


◆プロデュース: Lamont Dozier, David Foster(k), David Paich(k)

◆参加ミュージシャン: Tom Keane(vo, k), John Keane(vo)
with David T. Washington(g), Ed Watkins(b), James Gadson/Rick Calhoun(ds), Paulinho Da Costa(per), Waters(bv), etc

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/12/02 19:55 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/474-eacc2209
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Rock名盤(1977年) - Phoebe Snow / Never Letting Go (薔薇の香り) 2017/07/21
Rock名盤(1980年) - Billy Joel / Glass Houses (グラス・ハウス) 2017/07/19
Soul/R&B名盤(1976年) - The Sons of Champlin / A Circle Filled With Love 2017/07/14
Soul/R&B名盤(1985年) - Sade / Promise 2017/07/12
Rock名盤(1978年) - Billy Joel / 52nd Street (ニューヨーク52番街) 2017/07/10
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター