音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Steve Marrsの1982年作『Somebody Somewhere』。
Steve Marrs / Somebody Somewhere
Steve Marrsは、Kenny Logginsの80年代、90年代の殆どのアルバムの制作に、キーボード奏者やソングライターとして参加したミュージシャン。本名はSteve Woodであり、Kenny Logginsのアルバムでは本名でクレジットされている。

本作は、Steve Marrsの唯一のアルバム。
Hall & Oatesの70年代後半のアルバムのプロデュースを手掛けたChristopher Bondがメインのプロデューサーを担当し、1曲「Why Did I Wait So Long / ウェイト・ソー・ロング」のみ、Kenny Logginsがプロデュースした。

曲に関しては、Mike FinniganとMax Gronenthalが書いた「Say It Again」のみカヴァー曲であるが、他はSteve Marrsのオリジナル。この「Say It Again」の原曲は、Max Gronenthalの1980年のアルバム『Max』に収録されている。

どの曲も、等身大で自然体といった印象で、リラックスしている。
メロディは穏やかで、サウンドに80年代特有の華美なアレンジを感じない。
70年代のウェストコースト・サウンドを再現したような曲も何曲かあり、そうした懐かしさが心地よく感じられるアルバムだ。

ショー・ウィンドウの明かりを背に、街角に佇むSteveを写したジャケットも、ノスタルジックないい雰囲気を出している。このジャケットの雰囲気にピッタリなのが、タイトル曲の「Somebody Somewhere」。Pagesを思わせる美しいハーモニーに包まれて、浮遊感のある優しいメロディが流れる極上のメロウ・チューンだ。

本作には、Steve Marrsの奥様であるBeth Fitchetがバック・ヴォーカルに参加しており、仲が良い。
Kenny Logginsの溌剌としたバック・ヴォーカルも随所で聴こえるが、ちょっと目立ち過ぎか…。
それが微笑ましく思える幸せなムードが、このアルバムにはある。

●収録曲
1. Don't Come Back A Stranger / 愛の幻影 - 4:03
2. Say It Again - 3:11
3. How Was I To Know / とどかぬ想い - 3:12
4. Talkin' About My Baby - 4:01
5. Somebody Somewhere - 3:25
6. Why Did I Wait So Long / ウェイト・ソー・ロング - 4:07
7. Just A Dreamer / ドリーマー - 4:57
8. I Can't Take It No More / テイク・イット・ノー・モア - 3:19
9. One More Loser - 3:32


◆プロデュース: Christopher Bond(g, sy, bv), Kenny Loggins(bv, ar)

◆参加ミュージシャン: Steve Marrs(vo, k), John Hug/Steve Lukather(g), Tom Hensley/Jai Winding(k), Scott Edwards/Neil Stubenhaus(b), Ed Greene/Tris Imboden(ds), John Phillips(sax), Bill Champlin/Richard Page/Beth Fitchet(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/12/04 18:27 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/476-24f297a6
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Peter Allen / Not The Boy Next Door 2017/08/22
Rock名盤(1980年) - Paul Simon / One Trick Pony 2017/08/20
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター