音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Robert Johnの1980年作『Back On The Street』。
Robert John / Back On The Street
Robert JohnはNY生まれのシンガー・ソングライター。以前にこのブログで紹介したDavid Lasleyと同様、ファルセット主体で歌うシンガーである。幼少の頃からシンガーとして活動しており、12歳の時には「White Bucks and Saddle Shoes」が全米チャート(Billboard Hot 100チャート)の79位となり、早くもチャート・インを果たしている。

声変わりをしてからはファルセット唱法になり、1972年には「The Lion Sleeps Tonight / ライオンは寝ている」を歌って、これが全米チャート3位となるヒットを記録。さらに、1979年のサード・アルバム『Robert John』からは「Sad Eyes」が大ヒットし、遂に全米チャートの1位を獲得した。

本作は、Robert Johnの4枚目のアルバムである。
ヒットした前作に続き、George TobinとMike Piccirilloがプロデュースを担当した。

収録曲のうち、2曲(2, 6)はカヴァー曲。また、Gary GoetzmanとMike Piccirilloのソングライター・チームが4曲(1, 4, 5, 9)を提供し、残りの曲をRobert Johnが書いている。

「Hey There Lonely Girl」は、R&BシンガーのEddie Holmanが1969年に歌って全米チャート2位を記録した曲。山下達郎が1978年のライヴ・アルバム『It's A Poppin' Time』でこの曲を歌っている。もう1つのカヴァー曲「Sherry」は、The Four Seasonsを代表する1962年のヒット曲。ファルセット唱法にピッタリの曲だ。
本作からはこの2曲がシングル・カットされ、各々全米チャートの31位と70位をマークしている。

Robert Johnの奇麗なファルセットを生かすドリーミーな曲が多いので、渋めのAORを好む方の耳には合わないかもしれないが、Robert Johnの自作の曲には、「Winner Take All」「Hurtin' Doesn't Go Away」など、ミディアム・テンポの哀愁漂う曲もある。

なお、タイトル曲「Back On The Street Again」だけは地声で歌っている。これが実に爽やかな声で、もっと地声で歌っても良いのにと思ってしまう。

1979年のサード・アルバム『Robert John』はCD化されていないが、ベスト盤『Greatest Hits』の収録曲の半分はこのサード・アルバムから選曲されており、お薦めだ。

●収録曲
1. (So Long) Since I Felt This Way - 3:35
2. Hey There Lonely Girl - 3:07
3. Just One More Try - 3:32
4. On My Own - 3:30
5. Give Up Your Love - 3:16
6. Sherry - 3:10
7. Winner Take All - 3:53
8. Hurtin' Doesn't Go Away - 3:41
9. Back On The Street Again - 4:14
10. You Could Have Told Me - 3:22


◆プロデュース: George Tobin(ar), Mike Piccirillo(g, k, bv, ar)

◆参加ミュージシャン: Bill Neale(g), Stewart Levin/Bill Cuomo(k), Scott Edwards(b), Craig Crampf/Ed Greene(ds), Joel Peskin(sax), Edna Wright/Darlene Love(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/12/07 19:27 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/479-b3bf7472
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1979年) - The Bliss Band / Neon Smiles 2017/09/24
AOR名盤(1982年) - China / China (夜明けのダンサー) 2017/09/22
AOR名盤(1981年) - Niteflyte / Niteflyte II 2017/09/20
AOR名盤(1976年) - Silver / Silver (シルヴァー・ファースト) 2017/09/18
AOR名盤(1977年) - Fools Gold / Mr. Lucky 2017/09/15
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター