音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Glenn Medeirosの1987年作『Glenn Medeiros / 変わらぬ想い』。
Glenn Medeiros / Glenn Medeiros
このアルバムは、ハワイ出身のシンガー、Glenn Medeirosの全米デビュー作。
1970年生まれのGlennは、この時まだ17歳という若さ。本作収録の甘美なバラード「Nothing's Gonna Change My Love for You / 変わらぬ想い」がシングル・ヒットすると、甘いマスクのGlennはアイドル的な人気を得た。

Glenn Medeirosがハワイでデビューしたのは、前年の1986年である。女性シンガーのDebbie Gibsonも、この年に16歳でデビューしており、1987年にはTiffanyも15歳でデビューしているので、若いアイドル・シンガーのデビューが続いた。

その中でもGlenn Medeirosには大人びた雰囲気があり、歌う曲もAOR路線の大人びたものが多い。若者世代だけでなく、大人世代へアピールすることも狙ったのだろう。

「Nothing's Gonna Change My Love for You / 変わらぬ想い」は、今でも結婚式の洋楽定番ソング。
よく耳にする曲だが、歌っているのが10代だとは誰も思わないだろう。とても艶やかな歌唱である。

この曲のオリジナルは、George Bensonの1985年のアルバム『20/20』に収録されている。George Bensonはこの曲をシングル・カットしなかったが、Glennのシングルは、Billboard Hot 100チャートの12位となる大ヒットを記録した。

アルバムには他にも、David Foster, Jermaine Jackson, Tom Keaneという豪華な顔ぶれが書き下ろした「Lonely Won't Leave Me Alone」や、James Ingramの1986年のアルバム『Never Felt So Good』の収録曲である「The Wings of My Heart」、Paul Gordonが提供した「Watching Over You」、Richard Kerrが書いた「A Fool's Affair」、Leeza Millerとのデュエット「Knocking at Your Door」など、ロマンティックなバラードが収録されている。
Leeza Millerは、Sergio Mendesの1983年のヒット曲「Never Gonna Let You Go」をデュエットしたキュートな歌声のシンガーだ。

なお、Glenn Medeirosは1990年に「She Ain't Worth It」をBobby Brownと歌って、念願の全米No.1を果たした。現在は、ハワイに戻って学校の先生をしているとか。

●収録曲
1. Nothing's Gonna Change My Love for You / 変わらぬ想い - 3:52
2. Lonely Won't Leave Me Alone - 4:26
3. The Wings of My Heart - 3:31
4. A Stranger Tonight - 4:46
5. Watching Over You - 4:11
6. What's It Gonna Take - 3:33
7. A Fool's Affair - 3:48
8. You Left the Loneliest Heart / さよならロンリー・ハート - 3:55
9. Knocking at Your Door / 二人の扉 - 4:01


◆プロデュース: Jay Stone(ar)

◆参加ミュージシャン: Jeff Gilhart(g), Tom Keane(k, ar), Jay Gruska(k, prog, ar), John Pierce(b), John Keane(ds), David Boruff(sax, prog), Leaza Miller(vo), John Ryan(ar), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/12/12 22:01 AOR名盤(1984~1990年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/484-8f26fe29
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Pops名盤(1979年) - Barry Manilow / One Voice 2017/07/25
Pops名盤(1976年) - Barry Manilow / This One's For You (想い出の中に) 2017/07/23
Rock名盤(1977年) - Phoebe Snow / Never Letting Go (薔薇の香り) 2017/07/21
Rock名盤(1980年) - Billy Joel / Glass Houses (グラス・ハウス) 2017/07/19
Soul/R&B名盤(1976年) - The Sons of Champlin / A Circle Filled With Love 2017/07/14
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター