音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

LeBlanc & Carrの1977年作『Midnight Light』。
LeBlanc & Carr / Midnight Light
LeBlanc & Carrは、マッスル・ショールズでセッション・ギタリストとして活動していたPete Carrと、シンガー・ソングライターのLenny LeBlancが結成したデュオ。本作は、LeBlanc & Carrの唯一のアルバムである。

前の年に、二人は共に最初のソロ・アルバムを出しており、お互いに相手のアルバムに参加している。
Peteのファースト・アルバム『Not A Word On It』にはLennyがベーシストとして参加し、続いてLennyのファースト・アルバム『Lenny LeBlanc』のプロデュースをPeteが担当した。

本作のプロデュースもPete Carrが担当。
収録曲に関しては、Peteが3曲(3, 8, 10)、Lennyも3曲(2, 4, 9)を書き、残りはカヴァー曲や外部のライターの曲をセレクトしている。

Lennyの曲は、優しさ溢れるメロディをじっくり聴かせるバラード系であり、一方のPeteの曲は、カラッと乾いたギターを気持ちよく響かせるロック系。二人の書く曲のコントラストがとても良い。

中でも、Lennyの書いた「Falling」は、ドリーミーなメロディを爽やかなハーモニーで包んだバラードの名品。シングル・カットされ、Billboard Hot 100チャートの13位となるヒットを記録した。

「Stronger Love」は、Peteと同じマッスル・ショールズで活動する名ソングライターのRobert Byrne作。極上のメロウ・グルーヴを纏った、爽やかなナンバーだ。

カヴァー曲のうち、「Something About You」はFour Topsの1965年のヒット曲(Billboard Hot 100チャートの19位をマーク)。これをご機嫌に演奏している。また、「Johnny Too Bad」は、Jimmy Cliff主演の1972年の映画『The Harder They Come』のサウンド・トラックに収録された渋いナンバー。サントラではレゲエ・グループのThe Slickersが演奏した。「Desperado」は、The Eaglesのお馴染みの名曲。1973年の名盤『Desperado / ならず者』のタイトル曲である。

前年に出された二人のソロ・アルバムもお薦め。特にPete Carrの『Not A Word On It』は、Peteが気持ち良さそうにギターを弾きまくるロック・フュージョン・アルバムであり、Jeff Beckあたりが好きな人も気に入ると思う。

●収録曲
1. Something About You - 3:16
2. Falling - 3:08
3. How Does It Feel (To Be In Love) - 3:45
4. Midnight Light - 3:30
5. Stronger Love - 3:40
6. Johnny Too Bad - 3:10
7. Desperado - 4:34
8. Coming And Going - 3:05
9. I Need To Know - 3:30
10. I Believe That We - 4:18


◆プロデュース: Peter Carr(g, bv, ar)

◆参加ミュージシャン: Lenny LeBlanc(vo, ag)
with Robert Byrne(g), Randy McCormick/Clayton Ivey(k), Bob Wray(b), Roger Clark(ds), etc

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/01/05 15:50 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/504-e3bff61b
カテゴリー一覧

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年作『Bobby Caldwell

お気に入りに追加

ブロとも申請

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
ミュージックのお薦め
アクセスランキング
QRコード
QR
最新記事一覧
AOR名盤(1981年) - James Taylor / Dad Loves His Work 2017/06/24
AOR名盤(1979年) - J.D. Souther / You're Only Lonely 2017/06/23
AOR名盤(1976年) - Ned Doheny / Hard Candy 2017/06/22
AOR名盤(1979年) - Deniece Williams / When Love Comes Calling 2017/06/21
AOR名盤(1983年) - Paul Anka / Walk A Fine Line 2017/06/20
Amazon専用ストア
アクセスカウンター