音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Leslie Smithの1982年のアルバム『Heartache』。
Leslie Smith / Heartache (1982年)
Leslie SmithはL.A.を拠点に活動するソウル/R&Bシンガー。70年代は白人・黒人混成の大型グループであるCrackin'のヴォーカリストとして活躍し、Crackin'解散後は実力派セッション・シンガーとして息の長い活動をしている。ソロ・アルバムは82年と92年に1枚ずつあり、特に82年作は名作として知られている。

本作をプロデュースしたPeter BunettaとRick ChudacoffもCrackin'の元メンバー。二人はCrackin'のリズム・セクションを担当していたが、グループ解散後はBunetta&Chudacoffというプロデューサー・チームとして活躍した。他の参加ミュージシャンのうち、Lester Abrams(sy), Arno Lucas(per, bv), Brian Ray(g)もCrakin'の旧友である。

収録曲のほとんどはカヴァー曲や他のライターの書き下ろしであり、Leslie Smithが書いたのは、Lester Abramsと共作した「Don't Shut The Door (On My Love)」の1曲のみ。クオリティの高い曲を見事に揃えたアルバムである。

1曲目の「It's Something」は、Brenda RussellとDavid Fosterによる共作。洗練された爽やかなナンバーで、Brenda Russellも83年のアルバム『Two Eyes / 出逢いのときめき』でセルフ・カヴァーした。

ポップ&メロウな「Before The Night Is Over / 夜の終わりに」は、Merry Claytonとのデュエット曲。シングル・カットされ、R&Bチャートでは71位まで到達した。ちなみにMerry Claytonは、The Rolling Stonesの「Gimmie Shelter」(69年)でMick JaggerとデュエットしたR&Bシンガーである。

華やかな「Nothin' You Can Do About It」は、Foster, Jay Graydon, Steve Kipnerによる共作で、Airplayの80年のアルバム『Airplay / ロマンティック』の収録曲。AirplayではTommy Funderburkがロックシンガー・スタイルの高音で歌ったが、Leslie Smithは爽やかなテナー・ヴォイスで歌っている。

ソウルフルでビターな「Love's A Heartache / 愛の傷跡」はNed Doheny作の名曲。ギタリストのRobben Fordが83年のヴォーカル・アルバム『Love's A Heartache / ホイールズ・オブ・ラブ』で自ら歌った他、Ned Dohenyも88年のアルバム『Life After Romance』でセルフ・カヴァーしている。

この他にもPieces(ピーセス)のリーダー格であるGeoffrey Lieb等が書いた「Dream On」や、Brock Walsh等の「Do You Still Remember Me」など、AORファンには名の知れたソングライターの曲を歌っている。

このアルバムは、2012年に日本のヴィヴィド・サウンドから念願のCD化が実現した。紙ジャケット仕様になっており、オリジナルのジャケットに加えてLP発売当時の国内盤のジャケットが付属するという心づくしのCD化であった。国内盤のアートワークもなかなか美しいが、オリジナルのジャケットに写るLeslie Smithの熱い眼差しの魅力にはかなわない。
Leslie Smith / Heartache (1982年) (国内盤フロント・カヴァー)

●収録曲
1. It's Something - 3:48
2. I'm On The Outside Looking In / アウトサイド・ルッキング・イン - 3:21
3. Before The Night Is Over / 夜の終わりに - 3:35
4. Don't Shut The Door (On My Love) - 4:03
5. Dream On - 4:13
6. Nothin' You Can Do About It - 4:25
7. Love's A Heartache / 愛の傷跡 - 4:46
8. Do You Still Remember Me - 4:00
9. If You're In Love - 4:14


◆プロデュース: Peter Bunetta(ds, per), Rick Chudacoff(b, k)

◆参加ミュージシャン: Ned Doheny/Brian Ray/Dennis Herring(g), Bill Elliot(k), Arno Lucas(per, bv), Joe Lala(per), Norton Buffalo(harmonica), Kal David(sitar, bv), Lester Abrams(sy), Merry Clayton(vo), Arnold McCuller/Matthew Wiener(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/05/27 09:12 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(2)
コメント
穏やかな夜にぴったり
今日みたいな穏やかな夜にピッタリ。
レスリーの声って、白人っぽいんで、AORにもぴったりなんですよね。1曲目も大好きですが、意外と3連系ミディアムナンバーの「Dream On」なんかが大好きです。あとシングルカットされた「Before The Night Is Over」もいいですよね~。また聴きたくなってきました。
2017/05/27 19:55 240 URL
Re: 穏やかな夜にぴったり
240さん、こんばんは。

確かに今日ぐらいの涼しさがある夜にピッタリですね~。
Leslie Smithの声は爽やか系ですよね。その爽やかさは、Marvin Gayeにも通じるものがあります。というか、Marvin Gayeをもっと爽やかにした感じ。240さんの記事も拝見しました。やはり初CD化の際に購入されたのですね。私も待ちに待ったという感じで購入しました。
2017/05/28 00:37 Warm Breeze URL













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/51-cf7b29e1
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター