音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Cate Brothersの1976年作『In One Eye And Out The Other / 兄弟の絆』。
Cate Brothers / In One Eye And Out The Other
Cate Brothersは、EarlとErnieの双子の兄弟によるブルー・アイド・ソウル・デュオ。二人揃ってシンガーであり、楽器に関してはEarlがギターを、Ernieがキーボードを担当している。

彼らのアルバム・デビューは1975年で、二人は既に33歳。少々遅いスタートということになろうか。
デビュー・アルバムのプロデュースは、後にNed Dohenyの名盤『Hard Candy』を手掛けることになるSteve Cropperが担当した。

本作は彼らのセカンド・アルバムで、前作に続いてSteve Cropperがプロデュースを担当。
収録曲は全て二人のオリジナルであり、タイトル曲の「In One Eye And Out The Other」のみ、Steve Cropperと共作している。全曲がストレートなソウル・ナンバーで、二人の息の合った歌いっぷりも白人のデュオとは思えないほどソウルフルだ。

ファンキーでノリの良い「In One Eye And Out The Other」、メロウで豊かな「Can't Stop」、グルーヴーなダンス・チューン「Give It All To You」、ほのぼのとした郷愁を感じる「Music Making Machine」「Let's Just Let It Be」など、曲の表情は多彩。どの曲もメロディが程よくポップで、耳に馴染む。

本作にはDavid FosterとJay Graydonも参加した。David Fosterは6曲(1, 2, 5, 6, 8, 10)で鍵盤を弾き、Jay Graydonは2曲(2, 10)でシンセとギターを弾いている。David Fosterの方は、前作に続く参加である。

この二人以外にも腕のあるセッション・ミュージシャンでバックを固めており、演奏はシャープで垢ぬけている。なお、Earl Cate自身のギターの腕前も相当なもので、全編にわたって味のあるギターを弾いている。

双子の兄弟デュオというと、AORシーンにはAlessiという美形の兄弟デュオがいるが、Cate Brothersの風貌は全然違う。本作のバック・カヴァーには腕組みして睨みをきかす二人が写っている。目が据わっていて、ちょっと怖い。
Cate Brothers / In One Eye And Out The Other (バック・カヴァー)

●収録曲
1. Start All Over Again - 3:58
2. In One Eye And Out The Other - 4:08
3. Can't Stop - 5:05
4. Stuck In Chicago - 2:58
5. Travelin' Man - 4:49
6. Give It All To You - 4:11
7. Music Making Machine - 4:29
8. Let's Just Let It Be - 3:28
9. I Don't Want Nobody (Standing Over Me) - 4:00
10. Where Can We Go - 4:19


◆プロデュース: Steve Cropper(g, bv)

◆参加ミュージシャン: Ernie Cate(vo, k), Earl Cate(vo, g)
with Jay Graydon(g, sy), David Foster(k), Donald "Duck" Dunn/Scott Edwards(b), Mike Baird/Ed Greene(ds), Steve Forman(per), Jim Horn/Bobby Keys(sax), Albert Singleton(vo), etc

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/01/11 15:50 AOR名盤(1974~1976年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/510-cb8b412c
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Rock名盤(1977年) - Phoebe Snow / Never Letting Go (薔薇の香り) 2017/07/21
Rock名盤(1980年) - Billy Joel / Glass Houses (グラス・ハウス) 2017/07/19
Soul/R&B名盤(1976年) - The Sons of Champlin / A Circle Filled With Love 2017/07/14
Soul/R&B名盤(1985年) - Sade / Promise 2017/07/12
Rock名盤(1978年) - Billy Joel / 52nd Street (ニューヨーク52番街) 2017/07/10
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター