音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Watersの1977年作『Waters』。
Waters / Waters
Watersは、男性2人(Luther, Oren)、女性2人(Maxine, Julia)の兄弟4人によるコーラス・グループ。売れっ子のセッション・シンガーとして、70年代から現在に至るまで、数多くのアルバムのバック・コーラスを担当する傍ら、自分たちのアルバム制作も行っており、本作は彼らのセカンド・アルバムである。

本作のプロデュースは、Steve BarriとMichael Omartianが担当した。このコンビは、同年のAlan O'Dayのアルバム『Appetizers / アンダーカヴァー・エンジェル (恋のメニュー)』や、Dionne Warwickのアルバム『Love At First Sight』のプロデュースも手掛けている。

二人はRhythm Heritageという、Omartianが結成したディスコ・ファンク・バンドでも活動を共にしており、Scott Edwards(b)、Ed Greene(ds)、Victor Feldman(per)、Jay Graydon/Ray Parker. Jr.(g)等、Rhythm Heritageの他のメンバーが本作にもそのまま参加した。

収録された9曲のうち、Watersのメンバーが書いたのは共作も含めると、Maxineの「What Am I Doing Wrong」、Orenの「Could It Be The Magic」と「We Can Change It」、Julia&Lutherの「Party, Party」、Lutherの「Peace At Last」の5曲。残りは、Omartian夫妻の書いた「One Good Reason」や、Jay Graydon等の書いた「If There's A Way」などとなっている。

ドラムスにはEd Greene以外にTOTOのJeff Porcaroが参加しており、Ed Greeneは2曲(1, 4)のみで、殆どの曲をJeffが叩いている。JeffのしなやかなグルーヴとWatersのエレガントなヴォーカルとの相性はバッチリ。引き締まったファンク・チューンからメロウ・ソウルまで、曲に合わせて表情を変えながら互いの良さを引き出している。

Watersはジャンルを問わず様々なアルバムに参加しているので、クレジットを見ると「えっ、このアルバムでも…」という驚きもしばしば。例えばハード・ロック系では、Guns N' Rosesの1991年の大作『Use Your Illusion II』に収録の「Knockin' On Heaven's Door」や、David Lee Rothの1986年のヒット作『Eat 'Em And Smile』のラスト・ナンバー「That's Life」も、バック・ヴォーカルは彼らである。

●収録曲
1. The Other Side Of Midnight - 3:51
2. I Just Wanna Be The One (In Your Life) - 3:50
3. What Am I Doing Wrong - 3:56
4. One Good Reason - 3:44
5. If There's A Way - 4:19
6. Could It Be The Magic - 4:26
7. Party, Party - 4:02
8. We Can Change It - 4:41
9. Peace At Last - 5:20


◆プロデュース: Steve Barri, Michael Omartian(k, ar)

◆参加ミュージシャン: Jay Graydon/Ray Parker Jr.(g), Scott Edwards(b), Jeff Porcaro/Ed Greene(ds), Victor Feldman(per), etc

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/01/12 20:04 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/511-316e142f
カテゴリー一覧

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年作『Bobby Caldwell

お気に入りに追加

ブロとも申請

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
ミュージックのお薦め
アクセスランキング
QRコード
QR
最新記事一覧
AOR名盤(1981年) - James Taylor / Dad Loves His Work 2017/06/24
AOR名盤(1979年) - J.D. Souther / You're Only Lonely 2017/06/23
AOR名盤(1976年) - Ned Doheny / Hard Candy 2017/06/22
AOR名盤(1979年) - Deniece Williams / When Love Comes Calling 2017/06/21
AOR名盤(1983年) - Paul Anka / Walk A Fine Line 2017/06/20
Amazon専用ストア
アクセスカウンター