音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Brian Elliotの1978年作『Brian Elliot / 君と一緒に』。
Brian Elliot / Brian Elliot (君と一緒に)
Brian Elliotは、Madonnaの1986年の全米No.1ヒット曲「Papa Don't Preach」の作者として知られるソングライター。本作は、Brian Elliotが残した唯一のアルバムである。

Brianに関しては、「Papa Don't Preach」以外には目立った活動が知られていない。Christina Vierraの1988年のアルバム『Christina Vierra』をプロデュースしたり、Chris Isaakの1993年のアルバム『San Francisco Days』に曲を提供したりしているが、神々しく輝く「Papa Don't Preach」の成功と比べると埋もれてしまう。また小倉エージ氏のCD解説によると、サンフランシスコで上演されたミュージカル・コメディの音楽を手掛けたこともあるようだ。

そうした意味では、本作は「知る人ぞ知る」アルバムであるが、(日本の)AORリスナーからは根強い支持を得ている。

本作のプロデュースは、60年代にはThe Lovin' Spoonfulを手掛け、80年代以降はChris Isaakの一連のアルバムを手掛けた名プロデューサーのErik Jacobsenが担当した。

曲は全てBrianの自作で、ロックン・ロールやR&B、あるいはジャズをベースに、洗練されたシティ・ポップスにアレンジされている。派手さはないのでヒットには恵まれなかったが、どの曲も親しみやすいメロディとコクのあるリズムを持ち、味がある。また、どこか懐かしい響きのする暖かいサウンドだ。

本作はまた、参加ミュージシャンが豪華なことと、その演奏が素晴らしいことでもポイントが高い。主だったところでは、Larry Carlton/Lee Ritenour/Jay Graydon(g)、David Hungate/Wilton Felder(b)、Jeff Porcaro/Mike Baird/James Gadson(ds)、Valerie Carter/The Waters(bv)、Seawind Hornsなど、錚々たる顔ぶれがサポートしている。

Brianの歌声はPaul Simonに似ている。名手らによる隙のない演奏と比べると少々心細いヴォーカルだが、ソウルフルで歌心がある。

このアルバムは、日本では1999年にワーナーの『名盤探検隊』シリーズにおいて世界初CD化され、2011年にはヴィヴィッド・サウンドから紙ジャケット仕様で再発された。日本でしかCD化されていないようだし、これからもそうなのだろう。

●収録曲
1. Let's Just Live Together - 3:43
2. Summer Nights In Hollywood - 3:07
3. Queen Of Clowns (One For Lily T.) - 3:55
4. Room To Grow - 3:25
5. Tickets To Rio / リオへの誘い - 2:46
6. The First Time - 2:50
7. Seventeen Goin' On Twenty-One - 2:35
8. Old Nueva Laredo - 3:45
9. Last Vegas Wedding - 3:02
10. One Last Night Together - 3:44


◆プロデュース: Erik Jacobsen, Brian Elliot(vo, k, ar)

◆参加ミュージシャン: Larry Carlton/Lee Ritenour/Jay Graydon/Fred Tackett/Steve Beckmeier(g), David Hungate/Wilton Felder/Bob Gloub(b), Jeff Porcaro/Mike Baird/James Gadson(ds), Victor Feldman(vib), Valerie Carter/The Waters/The Jones Sisters(bv), Seawind Horns, etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/01/24 19:06 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/512-c2817c00
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター