音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Barry Manilowの1996年のアルバム『Summer Of' 78』。
Barry Manilow / Summer Of' 78 (1996年)
Barry ManilowはNY生まれのシンガー・ソングライター。Frank Sinatraの後継者とも言われた天与のテナー・ヴォイスとジュリアード音楽院卒の作曲能力を生かし、多くのヒット曲とヒット・アルバムを生んだ。

90年代以降のBarryは、ソングライターとしてオリジナル曲を作るよりもシンガーとしてカヴァー曲を歌うことに注力しており、本作『Summer Of' 78』もポピュラー・ヒット・ソングのカヴァー曲集となっている。

本作のプロデュースはMichael Omartianと共同で実施。Michael Omartianとの仕事はこの1枚のみである。70年代のヒット曲を中心に、バラード系の爽やかな曲が選ばれており、Barry Manilowの選曲の妙を味わうことができる。なお、1曲目の「Summer of '78」だけはBarryのオリジナルだ。

各曲を最初に歌ったアーティストとその収録アルバムは次のとおり。
「Interlude: Love's Theme」(Barry White, 73年, 米1位):『』収録
「Reminiscing」(Little River Band, 78年, 米3位):『』収録
「I Go Crazy」(Paul Davis, 77年, 米7位):『Singer of Songs: Teller of Tales / アイ・ゴー・クレイジー』収録
「When I Need You」(Leo Sayer, 77年, 米1位):『』収録
「The Air That I Breathe」(Albert Hammond, 72年):『』収録
「Bluer Than Blue」(Michael Johnson, 78年, 米12位):『The Michael Johnson Album』収録
「We've Got Tonight」(Bob Seger, 78年, 米13位):『』収録
「I'd Really Love to See You Tonight」(England Dan & John Ford Coley, 76年, 米2位):『』収録
「Sometimes When We Touch」(Dan Hill, 78年, 米3位):『Longer Fuse / ふれあい』収録
「Never My Love」(The Association, 67年, 米2位):『』収録
「Just Remember I Love You」(Firefall, 77年, 米11位):『』収録

これらはBarry Manilowのフェイバリット・ソングとのこと。78年の夏にBarryは35歳であり、その年齢でのフェイバリットということで、落ち着いた選曲である。また全米1位を獲得した大ヒット曲もあるが、どちらかというと控え目な印象を受ける。個人的にフィーリングの合う曲や思い入れのある曲を選んだのだろう。プライベートなプレイリストを共有してもらっているようで、その中に自分と共感する曲があると嬉しくなる。


78年の夏に自分はまだ洋楽を聴いていなかったが、数年後にはラジオから流れるヒット曲に夢中になった。その中にはこのアルバムに収録されている曲も何曲かある。まるでCarpentersの「Yesterday Once More」の世界のような甘酸っぱさのあるアルバムだ。

●収録曲
1. Summer of '78 - 1:48
2. Interlude: Love's Theme / 愛のテーマ - 0:25
3. Reminiscing / 追憶の甘い日々 - 3:45
4. I Go Crazy - 4:09
5. When I Need You / はるかなる想い - 4:02
6. The Air That I Breathe - 3:43
7. Bluer Than Blue - 2:58
8. We've Got Tonight / 愛・ひととき - 4:39
9. I'd Really Love to See You Tonight / 秋風の恋 - 3:18
10. Sometimes When We Touch - 4:11
11. Never My Love / かなわぬ恋 - 2:58
12. Just Remember I Love You / 切ない想い - 3:03


◆プロデュース: Barry Manilow(vo, k, sy), Michael Omartian(k, sy)

◆参加ミュージシャン: Jimmie Lee Sloas(b), Paul Leim(ds), Dann Huff(g), Biff Watson(ag), Eric Darken(per), Marty McCall(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/07/27 15:14 AOR名盤(1991年~) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/52-a100330a
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Peter Allen / Not The Boy Next Door 2017/08/22
Rock名盤(1980年) - Paul Simon / One Trick Pony 2017/08/20
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター