音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Kelly Willardの1981年のアルバム『Willing Heart』。
Kelly Willard / Willing Heart (1981年)
Kelly Willardは、CCMシーンで活躍する女性シンガー・ソングライター。可憐で清潔感溢れる声の持ち主であり、Paul ClarkやBruce Hibbard、Roby DukeなどのCCM系のアルバムのバック・ヴォーカルにその名前を見る機会が多いが、シンガー・ソングライターとしてのアルバム制作もコンスタントに行っている。

本作は彼女が25歳の時にリリースしたセカンド・アルバム。プロデュースを夫のDan Willardと共同で行っている。ちなみにKellyがDanと結婚したのは、Kellyが18歳の時だ。

収録曲は、共作も含めて全て彼女のオリジナル。共作曲は、KoinoniaのHadley Hockensmithと3曲(3, 4, 6)、Pita Delamaterと1曲(5)、Bruce Hibbardと1曲(8)となっている。

バック・ミュージシャンは、Hadley Hockensmith(g), Harlan Rogers(k), Abraham Laboriel(b), John Phillips(sax)など、Koinoniaのメンバーが固めている。と言っても、静かでアコースティックな曲がほとんどなので、Koinoniaらしいバンド・アンサンブルを聴けるのは、Hadleyが共作した3曲とラストの「The Narrow Way」ぐらい。

このうち、「Comfortable With You」と「Hold On」は、甘酸っぱいメロディとメロウなグルーヴを持つ素晴らしいAORチューン。両曲とも、Bruce Hibbardがバック・ヴォーカルに参加している。

そのBruce Hibbardが共作した「Only You」も極上のナンバー。メロディの美しい曲ばかり揃った本作の中でも、最高に甘美なメロディを持つ曲だ。

「Jesus」というストレートなCCMソングがある。普段、直球のCCMソングは好んでは聴かないのだが、この曲の美しいメロディには聴き入ってしまう。

80年代の終わりに、「天使の歌声」と称して、英国ロック・バンドのAll About Eveのアルバム『』(88年)や『』(89年)、Annie Haslamの89年のアルバム『』などが注目されたことがあった。それらは感動的に甘美で切ないメロディを、天使のような美声の女性シンガーが歌うという特徴があった。「Jesus」や「Only You」を聴くと、それを思い出してしまう。

●収録曲
1. Willing Heart - 3:36
2. To Obey Him - 3:34
2. Comfortable With You - 4:59
4. Faithful Love - 3:22
5. A Million Ways - 3:36
6. Hold On - 3:37
7. Jesus - 3:25
8. Only You - 4:10
9. Yesterday's Gone - 3:20
10. The Narrow Way - 3:22


◆プロデュース: Dan Willard, Kelly Willard(vo, k)

◆参加ミュージシャン: Hadley Hockensmith(g), Al Perkins(steel-g), Harlan Rogers(k), Abraham Laboriel/Darrell Cook(b), Keith Edwards(ds), Alex MacDougall(per), John Phillips(sax), Bruce Hibbard/Steve Archer/Michele Pillar/Bob Bennett(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/02/08 14:55 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/523-5e469627
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター